映画-Movie Walker > 作品を探す > スペインからの手紙 ベンポスタの子どもたち

スペインにある子供たちの自治による共同体・ベンポスタを舞台に、日本とスペインで離れ離れに暮らすことになった兄弟を描くヒューマン・ドラマ。監督・脚本は「椿姫」の朝間義隆。主役の少年にはオーディションにより映画初出演の源啓介が選ばれた。

4/5
総評価数 2
レビュー 1
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (1)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

五月のスペイン・マドリッドに、飯島明夫と、一五歳も年下の弟・良二、そして通訳を勤める留学生の奈津子という三人の若い日本人が顔を合わせた。父は離婚して家を離れ、母親は一年前に死亡して以来、自閉的になっていた良二が唯一自分で決心したのが、『ベンポスタ子ども共和国』に入国したいということだった。まだ自分の手で彼を養いきれない明夫も弟の決意を承諾した。良二には、母がまだ生きていた三年前、家族三人でベンポスタの子どもサーカス団ロス・ムチャーチョスの公演を見に行ったことが強く思い出として残っていたのだった。共和国のあるオレンセに到着した一行を、神父や子供たちは暖かく歓迎してくれた。兄との別れの時こそ日本へ帰りたいと言い出した良二だったが、その後はパブロという友だちも出来、元気にしているという便りを兄に送り続けた。兄の方も夜勤を始めいつでもスペインに渡れる資金を作ろうと頑張り、またたく間に一年が過ぎた。そんなある日、スペインの奈津子から、良二がサーカスの団員として日本に帰国するという電報を明夫は受ける。いよいよ来日を果たしたサーカス。期待に胸ときめかせる明夫の目の前には、クライマックスの人間ピラミッドの頂上に、すっかり朗らかさを取り戻した良二の眩しい笑顔があった。

見たい映画に
登録した人
2

作品データ

製作年 1993年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 朝間義隆
製作 櫻井洋三
プロデューサー 田沢連二
脚本 朝間義隆
撮影 花田三史
音楽 堀井勝美
中西保志
美術 芳野尹孝
編集 後藤彦司
録音 岸田和美
スチール 樋口通
助監督 本木克英
照明 山ノ上実

キャスト

飯島明夫 緒形直人
飯島良二 源啓介
田宮奈津子 原田知世
飯島昭平 藤田まこと
田宮綾子 佐久間良子

レビュー

何度見ても泣ける

投稿者:かわせみ

(投稿日:2007/3/30)

母の死のあとショックで自閉症のようになっていた良二が突然スペ…

[続きを読む]

支持者:0人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > スペインからの手紙 ベンポスタの子どもたち