映画-Movie Walker > 作品を探す > 獅子王たちの最后

暴力団新法施行前夜を背景に、幼なじみの二人の男がヤクザ社会の中で辿る生き様を描くドラマ。「獅子王たちの夏」(91)の姉妹編で、前作に続き高橋伴明が監督。脚本を夏井辰徳剣山象。撮影を「ひき逃げファミリー」の長田勇市が担当。主演は前作と同じく哀川翔、そして前回コンビを組んだ的場浩司は違った役回りで登場し、今回初めて錦織一清がコンビを組んでいる。

3/5
総評価数 3
レビュー 0
投票 3
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (1)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (0)
星2つ 0% (1)
星1つ 25% (1)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

北国の寒村で育った幼なじみの三崎和馬と江口智弘は、天女の刺青を背負う伝説のヒットマン鳴門隆の死体を始末したことから、本格的に極道社会に踏み込んでいく。同じ幼なじみの須藤弥生は二人とは別にホスト生活を始めるが、背中に天女の刺青をした客しのぶに出会い、本物の鳴門は実は生きていることを知る。一方、和馬と智弘は互いに一対の獅子の刺青を掘り、桜井組の中で着実に勢力を伸ばしていった。だが和馬は本家筋の佐竹組の遠藤の女である奈美を強引に自分の女にすることで組を破門になるが、あくまでも極道の道を求め、智弘は産業廃棄物処理場を手に入れるためその権利を持つ組長を殺し、カタギになろうとして刺青も焼き消してしまった。和馬は遂に今は彫物師になっている本物の鳴門に行き着くが、シャブ中になった弥生が現れ、鳴門を撃つ。その時流れ弾で和馬も撃たれてしまい、ただ智弘のみ生き延びるのだった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 1993年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 108
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 高橋伴明
製作 元村武大谷晴通
プロデューサー 吉田由二見留多佳城青島武
監修 野村秋介
脚本 夏井辰徳剣山象
撮影 長田勇市
音楽 馬場孝幸
哀川翔
美術 岡村匡一
編集 菊池純一
録音 福田伸
スチール 工藤勝彦
助監督 早川喜貴
照明 豊見山明長

キャスト

三崎和馬 哀川翔
江口智弘 錦織一清
須藤弥生 松田ケイジ
西条 的場浩司
清水 清水宏次朗
田中奈美 船田幸
桜井 麿赤児
佐伯 川地民夫
竹田 片桐竜次
佐伯りえ 網浜直子
五郎 神崎良
竜男 佐藤弘
遠藤 ガダルカナル・タカ
由紀 田中忍
京子 風見野枝
いずみ 裕木奈江
鳴門隆 清水健太郎
しのぶ 秋野暢子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 獅子王たちの最后