映画-Movie Walker > 作品を探す > さまよえる脳髄

直木賞作家逢坂剛原作の同名小説を映画化。精神神経科の女医と、彼女を取り巻く人間たちが異様な犯罪に巻き込まれていく様を描くサスペンス作品。監督は「遊びの時間は終らない」「難波金融伝 ミナミの帝王」の萩庭貞明。脚本は「良いおっぱい悪いおっぱい」のこがねみどり

3/5
[?]評価方法について
総評価数 2
レビュー 0
投票 2
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (1)
星4つ 0% (0)
星3つ 0% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 100% (1)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

とあるプールバー。刑事の海藤兼作は、覚醒剤の密売取引現場を押さえようとして、階段から落ち、後頭部を強く打ってしまった。入院した病院には、彼の婚約者南川藍子が勤務していた。彼女は現在、女性を暴行した患者、追分を診察していた。追分は自分を捨てて男に走った母親に愛憎を抱いていて、それによって精神のバランスを崩していた。そんな折、殺害後被害者のまぶたを切り取るという異常な猟奇的殺人事件が起こった。事件と符合するように藍子のもとに悪質な脅迫電話が頻繁に掛かるようになった。海藤はその後、回復に向かってはいたが、ある日、藍子とのセックスの最中、無意識に藍子の首を絞めたことから、脳に異常があることが判明。右脳の人格と左脳の人格がそれぞれ独立して機能するようになっていることがわかるのだった。一方、警察は追分に殺人罪の容疑をかけようとうしていた。しかし、海藤は十年前の殺人事件から新たな事件の鍵を握っていた。それはレズの女が恋人をメッタ刺しにしたというもので、そのとき殺された女の弟が藍子の患者、本間だった。追分、本間、そして海藤と疑わしい人物にかこまれている藍子は、ある晩、海藤の名を名乗った男から病院の階下で待っているという伝言を受けた。行ってみると本間が女装して立っていた。一連の事件の犯人は本間だった。危ういところで海藤に助けられた藍子だったが、そのとき別の人格の彼女が現れる。調べると藍子は生理中に脳りょう機能不全になる体質だった。事件は解決したかに見えたが、海藤と藍子の二重人格症はまだ治っていない。

見たい映画に
登録した人
2

作品データ

製作年 1993年
製作国 日本
配給 ヒーロー
上映時間 102
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 萩庭貞明
製作 ヒーローシネマパラダイス
プロデューサー 伊藤英裕木戸田康秀
アソシエイトプロデューサー 夏山昌一郎新井正勝
原作 逢坂剛
脚本 こがねみどり
企画 末松博彦
撮影 安藤庄平
美術 古谷良和
編集 菅野善雄
スチール 石川登栂子
ナレーション 天宮良
助監督 北川篤也
照明 松井博
製作担当 宮川健治

キャスト

海藤 神田正輝
藍子 高島礼子
追分 塩屋俊
本間 石橋保
遊佐 北見敏之
木村 光石研
滝本 大杉漣
福島 田口トモロヲ
丸岡 嶋田久作
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > さまよえる脳髄