映画-Movie Walker > 作品を探す > 国会へ行こう!

若き議員秘書とトップを狙う保守党代議士が、政治改革をめぐって闘う姿を描くコメディ。実際の政治とその裏側をコミカルに暴き出しながら理想の政治を目指す主人公を描くもので、監督は「きんぴら」の一倉治雄。脚本は「遊びの時間は終らない」の斉藤ひろしと『サヨナラまでの四日間』(TV)の高野和明の共同。

2/5
[?]評価方法について
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 0% (0)
星4つ 0% (0)
星3つ 0% (0)
星2つ 100% (1)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

交通事故に遭った衆議院議員・松平重義を助けたことから、川合直哉は彼の議員秘書としてアルバイトすることになった。だがあまりのダーティーな仕事ぶりに直哉はいったんはやめようと思うが、松平の妻・紀子から二十年前に松平が作った政治改革の試案を受け取り、再び理想の政治への思いを熱くする。そんな彼の態度に政界の首領であり、かつて松平の法案を廃案に導いた前首相・武田の秘書・陽子の心も動いた。直哉の熱意にほだされてか、松平は自らも関わりのある帝東建設の献金疑惑を検察にリークし、帝東との一番の黒い関係にあった武田を窮地に追い込む。そして今こそ直哉の意見を取り入れた政治改革法案を議題に挙げるが、野党各党の支持や自派閥の領袖・森下らの協力にも関わらず、武田は内閣を解散してそれを妨げた。松平は新党・新日本党を結成し、地元宮城一区で宿敵・武田との激しい選挙合戦を展開、僅差で競い勝つ。だがその夜彼は脳溢血急死してしまい、次点の武田が当選となる。全てはふりだしに戻ったが、直哉は再び国会へ戻ってくることを固く誓うのだった。

見たい映画に
登録した人
1

作品データ

製作年 1993年
製作国 日本
配給 東宝
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 一倉治雄
製作 山科誠鍋島壽夫
プロデューサー 茂庭喜徳室岡信明
脚本 斉藤ひろし高野和明
企画 丸本眞澄
撮影 長谷川元吉
音楽 大谷幸
音楽プロデューサー 吉田勝一
BirthdaySuit
美術 小川富美夫
編集 冨田功
録音 中村淳
スチール 笹田和俊長浜谷晋
助監督 冨永憲治
照明 森谷清彦

キャスト

川合直哉 吉田栄作
松平重義 緒形拳
槙原陽子 宮崎ますみ
松平紀子 吉田日出子
武田厚三郎 松村達雄
森下徳郎 金子信雄
二村明彦 長谷川初範
神谷登 左右田一平
杉本浩 光石研
三枝満夫 おやま克博
柴崎敬介 上田耕一
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 国会へ行こう!