映画-Movie Walker > 作品を探す > ゲンセンカン主人

売れない漫画家の淡々と過ごす日常の中で出会う奇妙な出来事を、四つのエピソードを織り混ぜて描くドラマ。「無能の人」でも話題を呼んだつげ義春の著名な短編四本を原作に映画化したもので、つげ自身も家族ともども映画のラストに登場しオマージュを捧げられる。監督・脚本は「暴力戦士」(79)以来十四年ぶりの劇場映画となる石井輝男。つげをモデルにした主人公の漫画家・津部を「ちぎれた愛の殺人」の佐野史郎が演じる。

3/5
[?]評価方法について
総評価数 3
レビュー 1
投票 2
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 0% (0)
星4つ 100% (1)
星3つ 100% (1)
星2つ 100% (1)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

第一話『李さん一家』売れない漫画家・津部は貧困の果て片田舎に只同然でアバラ家を借り、自給自足の生活を送っていた。そんなところへ鳥語を話す李さんといううらぶれた中年男が現れ、いつの間にか妻と二人の子供ともども津部の家の二階に住みこんでしまうのだった。 第二話『紅い花』渓流釣りの名所にやって来た津部は小さな峠の茶屋を一人で守る幼い娘サヨコに出会う。そんなサヨコにちょっかいを出す幼な友だちのマサジ。彼と共にヤマメ釣りの穴場へ出かけた津部は上々の成果を上げ戻ろうとするが、清流の中で腰に流れを浸したサヨコを見つける。彼女の股間からは、真っ赤な花が幾つも流れを染めて下っていった。 第三話『ゲンセンカン主人』旅に出た津部はどことなく懐かしいひなびた温泉にたどり着く。老人ばかりが目立つその町で、宿を紹介してくれた老婆からゲンセンカンの主人に瓜二つだと驚かれる。その男はゲンセンカンに泊まり、女主人と陰獣のごとく交わり、いつの間にかその主人に収まったという。 第四話『池袋百点会』昭和三四年、貧困のどん底にいた津部の唯一の楽しみは喫茶店ランボーに行き、美人ウェイトレス福子に会うこと。だが福子は仲間の伊守の恋人だった。さて、いよいよ生活に窮した津部たちは、伊守の提案で“池袋百点会”というタウン誌を作りその広告でひと儲けしようとする。だがスポンサーは集まらず、おまけに営業マンとして雇った須山は、予約金を着服して逃げ、伊守も福子を残し女房のもとへ帰ってしまう。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 1993年
製作国 日本
配給 シネセゾン
上映時間 98
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 石井輝男
製作 木下茂三郎
プロデューサー 吉田浩二
原作 つげ義春
脚本 石井輝男
企画 中沢敏明東條あきら
撮影 石井浩一
音楽 鏑木創
美術 丸山裕司藤木光次
編集 奥原好幸
録音 北村峰晴
スチール 野上哲夫
助監督 森谷晃育
照明 小中健二郎

キャスト

津部 佐野史郎
李さん 横山あきお
李さんの奥さん 中上ちか
キクチサヨコ 久積絵夢
シンデンのマサジ 荻野純一
ゲンセンカンの女将 水木薫
伊守 川崎麻世
ランボーの福子 岡田奈々
三流さん 杉作J太郎
須山 きたろう

レビュー

シュールな世界に惑溺してみませんか

投稿者:晴耕雨読

(投稿日:2009/05/22)

 70安保闘争の時代“ガロ”という雑誌に“つげ義春”というシ…

[続きを読む]

支持者:4人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ゲンセンカン主人