映画-Movie Walker > 作品を探す > 極東黒社会

新宿に進出を企てる“黒社会”と総称される東南アジア系マフィアと、彼らに対抗する男たちの戦いを描くフィルム・ノワール。上之二郎平川輝治の原作(集英社・刊)をもとに、テレビの演出を経た馬場昭格の劇映画デビュー作。「オーロラの下で」の役所広司が主演するほか、日、米、香港、台湾など国際色豊かなキャストが共演している。R指定作品。

5/5
[?]評価方法について
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (1)
星4つ 0% (0)
星3つ 0% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

東洋一の歓楽街・新宿では、歌舞伎町を中心に、日本のやくざ共栄会、台湾の七友幇、そして香港の三和会が抗争を始めていた。特に三和会の洪は日本進出を図るイタリアのマフィア、バローネファミリーと手を結び、同じ東南アジア系マフィアである七友幇の一掃を目指し、ヒットマンを使って激しい殺戮を展開した。相棒の江口とともにフリーの腕利きスマグラー(麻薬密売人)として活動していた加納亮介は、その三和会から協力を求められるが、組織に縛られることを好まない彼はそれを断る。一方、バローネファミリーを追うニュヨーク市警覆面捜査官のラリー・マツダは、同僚リン・クァンとともに暗黒街に潜入、麻薬取引をめぐって加納と出会い、対立するが、いつしか友情を芽生えさせていた。やがて三和会は七友幇を破滅させ、次のターゲットを日本人のスマグラーとジャンキーに向けてきた。加納の仲間も次々に殺され、江口と恋人、路代も死ぬ。復讐を誓う加納はラリーと手を結び、リンや健吾も連れてとうとう来日したバローネ一味と三和会に無謀とも言える戦いをしかけ、執念の末一味を壊滅させる。だが生き残ったのは加納ただ一人であった。

見たい映画に
登録した人
1

作品データ

製作年 1993年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 110
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 馬場昭格
プロデューサー 横山和幸稲葉清治
原作 上之二郎平川輝治
脚本 松本功
企画 天尾完次
撮影 加藤雄大
音楽 埜邑紀見男
音楽プロデューサー 石川光
美術 中村州志
編集 西東清明
録音 林鉱一
スチール 遠藤功成
助監督 山本伊知郎
照明 大久保武志

キャスト

加納亮介 役所広司
江口信久 近藤真彦
スーザン・ダーレル ジェシカ・ランスロット
畑山路代 北原佐和子
水島健吾 長倉大介
小泉朝子 斉藤レイ子
安西久美 佐野アツ子
ウェイ・ウェイ 林偕文
徐文丹 カ・テンセイ
シーザー・バローネ レオ・メンゲティ
レフティ・ベニー・ピューマ ロバート・マリウス
洪炎生 王羽
立石勝三 中条きよし
リン・クァン 欧龍
ラリー・マツダ ショー・コスギ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 極東黒社会