映画-Movie Walker > 作品を探す > 帰ってきた木枯し紋次郎

笹沢左保原作の股旅小説を、市川崑演出、中村敦夫主演でテレビ・ドラマ化した人気時代劇『木枯し紋次郎』(72~73年)の二十周年を記念して、同じトリオによって新たに35ミリフィルムによる長編として撮られた作品。笹沢左保が今回の長編のためにオリジナル・シノプシスを執筆し、市川と中村敦夫中村勝行が共同で脚色。テレビ放映に先立って、劇場で特別公開された。

3/5
[?]評価方法について
総評価数 2
レビュー 0
投票 2
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 0% (0)
星4つ 0% (0)
星3つ 100% (1)
星2つ 100% (1)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

弘化三年。溯ること五年前に賊に襲われて崖から落ちて死んだと思われていた渡世人、木枯し紋次郎は、きこりの伝吉に助けられ杣人(そまびと)となって働いていた。ある時、事故で怪我をした伝吉は、木曽一帯を支配している貸元、木崎の五郎蔵一家に入った息子の小平次を連れ戻してくれと頼む。五郎蔵は幕府と農民とで騒ぎになっている運上(税)問題の間に入って、役人・商人とともに私服を肥やしていた。一家には紋次郎を親の敵と追っているお真知の姿もあった。紋次郎は伝吉の娘が止めるのを振り切って再び草鞋を履くことになる。小平次はすぐに見つけ出すが、お真知に邪魔されて逃げられてしまう。お真知は五郎蔵一家の加勢を得て川辺で紋次郎を殺そうとするが、川の流れを利用した紋次郎の方が勝つ。その時、お真知は紋次郎が敵ではなかったことを知る。一方、小平次も五郎蔵のからくりに気づき、単身一家に乗り込むが逆に半殺しにあい、紋次郎とお真知に助けられた。だが、廃屋で小平次の介抱をしているところを一家に取り囲まれ、対決となる紋次郎。今度は闇を利用して討ち勝つと、小平次に伝吉のもとに帰るよう言う。そしてそのまま彼は渡世の旅に出るのだった。

見たい映画に
登録した人
3

作品データ

製作年 1993年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 96
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 市川崑
プロデューサー 鈴木哲夫本間信行小嶋伸介
原作 笹沢左保
脚本 市川崑中村敦夫中村勝行
企画 能村庸一松前洋一
撮影 五十畑幸勇
音楽 谷川賢作
上條恒彦
美術 村木忍
編集 長田千鶴子
録音 斉藤禎一
スチール 橋山直己
助監督 手塚昌明
照明 下村一夫

キャスト

木枯し紋次郎 中村敦夫
お真知 坂口良子
木崎の五郎蔵 岸部一徳
木崎の伝吉 加藤武
弁天の小平次 金山一彦
おたみ 鈴木京香
お常 牧よし子
浅香盛助 石橋蓮司
上江田の十兵衛 小林昭二
同八兵衛 中原丈雄
富岡屋惣左衛門 神山繁
虎之助 尾藤イサオ
捨吉 井上博一
源八郎 保木本竜也
丑松 加藤満
熊太郎 宇治川理斉
多助 永妻晃
酔いどれ浪人 上條恒彦
掛け茶の亭主 日下武史
最近チェックした映画館・映画

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 帰ってきた木枯し紋次郎

ムービーウォーカー 上へ戻る