映画-Movie Walker > 作品を探す > 復活の朝

大学病院の外科病棟を舞台に、若き看護婦たちの格闘を描くヒューマン・ドラマ。監督はこれがデビュー作となる吉田剛江川晴の『外科東病棟』(小学館刊)を原作に、脚本は「四万十川」の古田求、撮影は「黒い雨」の川又昂が担当。

1/5
[?]評価方法について
総評価数 1
レビュー 1
投票 0
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 0% (0)
星4つ 0% (0)
星3つ 0% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 100% (1)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

城華大学付属病院外科東病棟では、婦長の清原レイ以下10数名の看護婦が昼夜をわかたぬ過重勤務をこなしていた。そんななか清原は、初めて担当した19歳の少年洋介が脳腫瘍で死亡して号泣する新人看護婦・高樹亜沙子を励ましたり、恋人とうまくいかず、睡眠薬を常用してイライラを患者の家族にぶつけてしまっているヴェテランの新川章子にそっと忠告したりするが、新川は「このままでは私は駄目になってしまう」と退職していく。だが、そんなことに気落ちする暇もなく連日重症患者が入院してきた。バリバリの企業戦士、加東もそのひとりだが、告知主義者として知られる胸部外科の第一人者、植村教授は清原の反対にもかかわらず加東にガンを告知する。そのため、手術でガンは縮小したものの、告知のショックで体力のもたなくなった加東は死んでしまった。そんな植村がある日倒れた。検査の結果は肺ガンの中でも最も悪性の細胞ガン。清原は慎重な対処を望むが、植村はすぐに自分の病気を見抜いた。初めて患者の不安と恐怖を身をもって知った彼は、ホスピス(病名告知を前提に、末期ガン患者の身体的精神的苦痛緩和を専門とする病棟)転院を決意する。植村をホスピスへ送る途中、清原は「闘って下さい! 私が支えます」とありったけの想いをこめて言う。それは激しい愛の告白でもあった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 1992年
製作国 日本
配給 松竹
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 吉田剛
製作 野村芳太郎神田敏夫
製作総指揮 野村芳太郎
プロデューサー 織田明
原作 江川晴
脚本 古田求
企画 神田敏夫
撮影 川又昂
音楽 松村禎三
美術 横山豊
編集 鶴田益一
録音 原田真一
スチール 赤井博且
助監督 高坂勉
照明 島田忠昭

キャスト

清原レイ 大竹しのぶ
高樹亜沙子 和久井映見
中野洋介 滝口秀嗣
中野早枝子 木村実苗
小野文夫 渡辺正行
小野百合子 横山リエ
加東仁 高橋長英
加東久枝 香野百合子
中村国夫 斉藤洋介
松井看護部長 岩崎加根子
木崎助教授 伊東達広
吉岡教授 加藤剛
高樹恭造 中谷一郎
高樹亮子 大森暁美
植村淑子 高林由紀子
新川章子 藤真利子
植村直行 渡瀬恒彦
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 復活の朝