TOP > 上映中の映画作品を探す > きらきらひかる

アルコール依存症の妻、同性愛者の夫、そして夫の恋人の奇妙な三角関係を描く。江國香織の同名小説(新潮社・刊)を原作に、監督・脚本は「バタアシ金魚」の松岡錠司、撮影は「TVO」の笠松則通が担当。

3/5
総評価数 8
レビュー 1
投票 7
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (1)
星4つ 25% (2)
星3つ 25% (3)
星2つ 0% (1)
星1つ 25% (1)
見たい映画に
登録した人
7

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

フリーでイタリア語の翻訳をしている香山笑子は親の勧めで見合いをすることになった。相手は30歳の医師・岸田睦月。笑子は情緒不安定でアルコール依存症、睦月は同性愛者だったが、それを納得して2人は結婚する。新婚生活がしばらく過ぎた頃、笑子は睦月の恋人・藤島紺に接触しようとする。最初は警戒した紺だったが、ある夜、睦月が帰宅すると紺がやって来ていた。3人の間には、友情とも愛情ともつかぬ不思議な関係ができあがりつつあった。睦月は笑子を好きになっていたが、彼女を抱くことはできず、彼女の親友・瑞穂に笑子に恋人を紹介してやってほしいと言う。それを知った笑子はショックを受けた。紺もまた笑子の方に同情的だった。やがて笑子の両親に、瑞穂を通して睦月が同性愛者であることが知れ渡り、離婚騒ぎになる。笑子は睦月と別れないためにも、人口受精で子供を作ることを考えるが、睦月は猛反対する。関係のバランスの崩れた笑子、睦月、紺の3人は気まずい気持ちのまま夜の街を車で走っていく。途中、笑子がひとり車を降りて夜の闇の中に走り去る。睦月を責める紺。夜明けが来た。倒れるまで走り続けた笑子の前に、睦月と紺の優しい笑顔があった。

作品データ

製作年 1992年
製作国 日本
配給 ヘラルド・エース=日本ヘラルド映画
上映時間 103
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 松岡錠司
製作 村上光一
企画 堀口壽一
プロデューサー 河井真也梅川治男
脚本 松岡錠司
原作 江國香織
撮影 笠松則通
美術 遠藤光男
録音 菊地進平
編集 岸眞理
照明 水野研一
スチール 佐藤芳夫
助監督 大原盛雄
主題歌 PSY・S

キャスト

岸田笑子 薬師丸ひろ子
岸田睦月 豊川悦司
藤島紺 筒井道隆
伊藤瑞穂 大島智子
座間律子 関口めぐみ
柿井悟 阿藤快
岸田雄造 川津祐介
岸田ゆり子 岩本多代
香山千秋 加賀まりこ
加山忠志 津川雅彦
ウェイトレスA 柴田理恵
ウェイトレスB 土屋久美子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/21更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > きらきらひかる