TOP > 上映中の映画作品を探す > キャンディ・キャンディ(1992)

少女コミック、テレビで人気を誇ったみなし児キャンディの姿を描くアニメ。水木杏子いがらしゆみこの同名コミックを「もーれつア太郎」の雪室俊一が脚本化。監督は「魁!! 男塾」の今沢哲男、作画監督は「魔法使いサリー(1967)」の山口泰弘が担当。「東映アニメフェア」の1本として公開。

2/5
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (0)
星2つ 0% (1)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
1

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

みなし児のキャンディが12歳になったある日、施設に名門ラガン家の使者がイライザお嬢様の話相手を探しに訪れ、キャンディはラガン家にいくことになったが、家につくやいなやニールとイライザのいじわる兄弟のいやがらせが始まり、ニールと取っ組み合いになってしまう。ラガン夫人に一方的に悪者にされたキャンディは悲しさのあまり家を飛び出すが、バラの精と名乗る男の子になぐさめられる。その男の子は気づくと姿を消していたが、すっかり気を取り直したキャンディは再び屋敷に戻り、何があってもくじけず頑張り始めた。そんなある日、兄弟はアードレー家のエルロイ大伯母さまのパーティにみすぼらしい姿のキャンディを連れていき、恥をかかせようとするが、そこでキャンディはバラの精と名乗ったアンソニーと再会。アンソニーと他の2人の男の子ステアとアーチはエルロイ大伯母さまの孫で、パーティの主役でもあったのだ。すっかり3人と仲良くなったキャンディだったが、面白く思わないニールとイライザは、キャンディを騙して真っ暗な人のこない部屋に閉じ込めてしまった。しかしすぐにアンソニーに助けられ、2人はパーティ会場に戻りゆるやかにダンスを踊り始めるのだった。

作品データ

製作年 1992年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 26
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 今沢哲男
製作 今田智憲
企画 山口康男東伊里弥
脚本 雪室俊一
原作 水木杏子いがらしゆみこ
撮影 玉川芳行
音楽 渡辺岳夫
美術 田中資幸
録音 川崎公敬
編集 西山茂
作画監督 山口泰弘
アニメキャラクター・デザイン 山口泰弘

キャスト

〔声〕キャンディ 松島みのり
〔声〕アンソニー 堀川りょう
〔声〕ニール 中尾隆聖
〔声〕イライザ 山田栄子
〔声〕アニー 冬馬由美
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/25更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > キャンディ・キャンディ(1992)