映画-Movie Walker > 作品を探す > 彼女が結婚しない理由

ブライダル・コーディネーターの母と、婚期を迎えた娘の姿を通して、現代の結婚観をユニークに描く。90年に日本テレビ系で放映されたテレ・フィーチャーの劇場版で、脚本は「悪徳の栄え」の岸田理生が執筆。監督は「ふたり」の大林宣彦。撮影監督は「BEST GUY」の阪本善尚がそれぞれ担当。

5/5
[?]評価方法について
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (1)
星4つ 0% (0)
星3つ 0% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

大手結婚式場に勤めるブライダル・コーディネーターの有子は、夫と離婚して娘の怜子と2人暮らし。今の有子にとって結婚とはビジネスのことだった。そんな彼女の楽しみは、バー“風”で仕事の疲れを癒すことで、マスターの江口ともごく自然に親しくなっていた。そんなある日、彼女は怜子から、恋の悩みを打ち明けられる。結婚したい人がいるが、彼の気持ちがよくわからないというのだ。またその一方で結婚式をコーディネートしていた大手企業の一人娘・正子からも他に好きな人がいて結婚に乗り気でないと相談される。そんな2人の悩みに上手く答えられずに戸惑う有子。そんなある日、江口から意外な事実を告白される。怜子と付き合っていた事、そして本当に恋をしてしまったのは怜子ではなく、その母の有子である事。その時、2人の前に現れた怜子はショックを受け、しばらくの間、別れた父・大垣のところに行くと有子のもとを出ていった。一方、正子は結婚を承諾するが、結婚式当日に現れた本当の恋人と新郎の2人に別れを告げて「自分になります」と言い残し式場を後にした。正子の本当の気持ちが表れた言葉に心から喜ぶ有子。その夜、“風”で有子は、江口本人から怜子が彼に結婚を申し込んだことを聞かされる。有子は、怜子の幸せを祈りつつ、江口との別れを誓う。やがて江口と怜子の結婚式をコーディネートする有子。今日の彼女は、母親の顔でなく女の顔をしていた。

見たい映画に
登録した人
1

作品データ

製作年 1992年
製作国 日本
配給 東北新社=ギャラクシーワン
上映時間 95
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 大林宣彦
プロデューサー 山口剛田辺隆史
脚本 岸田理生
企画 小杉義夫
撮影 阪本善尚
音楽 設楽幸嗣
美術 沢路和範
編集 大林宣彦
録音 中村雅光
スチール 勝村勲
助監督 竹下昌男
照明 高野和男
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 彼女が結婚しない理由