TOP > 上映中の映画作品を探す > ありふれた愛に関する調査

しがない中年探偵の孤独の日々と淡い恋心を哀愁漂うタッチで描いたハード・ボイルド。関川夏央原作『名探偵に名前はいらない』の映画化で、脚本は「リボルバー」の荒井晴彦が執筆。監督は「…これから物語 少年たちのブルース」の榎戸耕史。撮影は「殺人がいっぱい」の野田悌男がそれぞれ担当。

3/5
総評価数 2
レビュー 0
投票 2
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (1)
星3つ 25% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (1)
見たい映画に
登録した人
2

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

男はひとり暮らしのしがない探偵。結婚の身元調査と猫探し以外はなんでもする。楽しみといえば美人のお天気ねえさんが出る世界の天気予報を見ることぐらいの、くたびれ加減も様になってきている中年探偵だ。そんな彼のもとに仕事の依頼が来る。夫、佐野の不倫を疑う人妻・雅子の家へ行く。調査の結果、外に子供までいることが判明するが、探偵は本当のことを言えないまま雅子と寝てしまう。そのころ、ヤクザ組長の黒崎は、同じグループ内で対立する滝村と青木を裏で操ろうと画策。くされ縁の黒崎の言うがままに動いた探偵は、自分がヤクザの抗争に一役かってしまったことで落ち込んでしまう。そんな時、彼のもとに新しい依頼がきた。依頼人は何とテレビのお天気ねえさん、有梨子。彼女は一夜をともにした男を探していた。実物の登場にとまどいながらも、半分インテリで半分娼婦のような彼女に見入られてしまう探偵。やがて彼は、ヤクの売人の大坪を探し出すが、驚いたことに2人は女の口説き文句まで同じで、お互いの中に似たものを見い出し親近感を持つ。しかしその後、大坪が有梨子と付き合っていることを知った探偵は、彼の客でもあるバーテンの塚原を脅して、大坪を呼び出す。大坪に嫉妬心を抱きながらも、ヤクザと警察に追われている彼を逃がそうと口添えする探偵。だがその時、大坪は麻薬中毒だった塚原の銃弾に撃たれ死んでしまう。自分が大坪を呼び出したばかりに死に追いやってしまったと落ち込む探偵。やがて大坪の死を知った有梨子も、そのまま探偵の前から去って行く。そして数日後、いつもと同じ朝を迎える探偵に新しい依頼が舞い込むのだった。

作品データ

製作年 1992年
製作国 日本
配給 アルゴプロジェクト
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 榎戸耕史
製作 小林壽夫
企画 奥田瑛二山田耕大
脚本 荒井晴彦
原作 関川夏央
撮影 野田悌男
音楽 梅林茂
美術 小川富美夫
録音 北村峰晴
編集 奥原好幸
照明 金沢正夫
スチール 目黒祐司
助監督 北川篤也

キャスト

探偵 奥田瑛二
大坪 世良公則
有梨子 池田昌子
黒崎 津川雅彦
雅子 小林かおり
佐野 四谷シモン
塚原 松澤一之
青木 すまけい
滝村 川地民夫
初老の男 寺田農
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/21更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > ありふれた愛に関する調査