映画-Movie Walker > 作品を探す > 傷だらけの山河

石川達三の同名小説を「青べか物語」の新藤兼人が脚色、「続忍びの者」の山本薩夫が監督した社会ドラマ。撮影は「現代インチキ物語 騙し屋」の小林節夫。

5/5
[?]評価方法について
総評価数 1
レビュー 1
投票 0
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (1)
星4つ 0% (0)
星3つ 0% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

有馬勝平は、電鉄、バスなどの交通事業の他、数種の会社をもつ大事業家だ。勝平の旺盛な欲望は女性関係にも現れ、妻藤子との間に二男二女をもちながら、片山民子と横田かね子の間にも、大学に通う息子がいた。藤子との政略結婚から、端を発した勝平の事業欲は、人の犠牲を意に介しない非情さのうえに立っていた。勝平の第四の女福村光子は、パリに留学を夢みる貧乏画家の、酒井吉春との生活に疲れていたところを、夫吉春をパリに留学させる条件で、勝平の女となった。光子と勝平の生活は愛欲にただれたものだった。そんなある日、勝平の次男秋彦は、光子を知り、いつか好意をもった。が、勝平との関係を知ると秋彦は生来の内向性を深めた。一方、勝平の事業欲は、ライバル香月との路線争いに勝ち、沿線に「西北学院」を建てた。しかし、勝平の人間関係は、崩壊しかかっていた。横田平次郎、片山竹雄の二人は、勝平との不義な出生と、彼の拝金主義に対する反感から、彼らの母親を動かし、勝平との絆を断ったのだ。光子とも縁を切った勝平は、第五の女小桃を手に入れた。永年交通事業発展の功で“勲章”をもらった、その祝賀パーティーの最中、人生の頂点にある勝平の耳に、西北学院に秋彦が放火したというニュースが伝わった。精神病院にいる秋彦の父に対する反抗であった。暗い空気につつまれる有馬邸、妻藤子も、秋彦と一緒に暮すと家を出たあと、勝平は、一人、「信念に生きるのみ」と呟き車を走らせた。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 A Public Benefactor/Tycoon
製作年 1964年
製作国 日本
配給 大映
上映時間 152
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 山本薩夫
製作 永田雅一
原作 石川達三
脚色 新藤兼人
企画 川崎治直伊藤武郎
撮影 小林節雄
音楽 活野成
美術 間野重雄
編集 中静達治
録音 須田武雄
スチル 薫森良民
照明 泉正蔵

キャスト

有馬勝平 山村聡
妻藤子 成瀬幸子
有馬竜太郎 北原義郎
有馬秋彦 高橋幸治
有馬順子 穂高のり子
有馬和雄 船越英二
福村光子 若尾文子
酒井吉春 川崎敬三
片山民子 坪内美詠子
片山竹雄 川畑愛光
横田かね子 丹阿弥谷津子
横田平次郎 伊藤孝雄
小桃 滝瑛子
香月信蔵 東野英治郎
佐藤 大辻伺郎
岩田 竹内哲郎
沢田 槙俊夫

レビュー

山本薩夫監督を再認識

投稿者:たっかん

(投稿日:2013/02/03)

去年(2012年12月)、キネマ旬報社からの『女優 若尾文子…

[続きを読む]

支持者:0人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 傷だらけの山河