TOP > 上映中の映画作品を探す > 奴隷の街

NHKの連続放送劇「新しい道」より、「袴だれ保輔」の八住利雄が脚本を書き、「江の島悲歌」の小石栄一が監督し、同じく姫田真佐久が撮影に当っている。配役は、「お遊さま」の堀雄二、「牝犬」の久我美子、「黄門と弥次喜多 からす組異変」の星美千子などに、瀧花久子花布辰男田中春男浦辺粂子植村謙二郎千石規子沢村貞子などが助演している。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

大東新報の町田洋介は、街で拾ったトシ坊という子から、その姉のとよが立川太一という男にだまされて特殊飲食街の私娼に売られたことを聞いて、初めてこの街へ足を踏み入れ、最初に会った女が通称よし枝、実は婦人記者の川部道子で、彼女から色々と実相をきき、とよが「琴川」に居ることを知った。トシ坊は単身「琴川」へ出かけて行って白い骨箱を渡されて来た。とよが死んだというのであったが、実は手当もされず悪質の病気で死んだおくにの骨だった。洋介と同僚松井は毎日喫茶店にがんばって、とよの姿を見つけ連れ去ろうとしたが、用心棒のために阻まれた。街の女に化けて、再び探訪にもぐり込もうとした道子も見破られ、檻禁されてしまった。トシ坊は洋介たちと姉の救出に出かけ、おとよを連れ出したが、土地のやくざ者に包囲されあぶなくなったときに、ようやく松井の案内で武装警官隊がかけつけて、無事にとよや道子を助け出し、特飲街は粛正された。

作品データ

製作年 1951年
製作国 日本
配給 大映
上映時間 83
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

脚本 八住利雄
監督 小石栄一
撮影 姫田真佐久
美術 仲美喜雄
音楽 安倍盛

キャスト

町田洋介 堀雄二
洋介の母 瀧花久子
川部道子 久我美子
おとよ 星美千子
陣野由造 花布辰男
トシ坊 小宮山清
立川太一 田中春男
とり 浦辺粂子
芝山 植村謙二郎
おくに 新宮信子
松井 菅原謙二
樽屋の亭主 星光
お染 千石規子
お琴 沢村貞子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/27更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 奴隷の街