TOP > 上映中の映画作品を探す > 舞姫(1951)

製作は「伊豆物語」の児井英生川端康成の朝日新聞連載小説から「上州鴉」の新藤兼人が脚色し、「銀座化粧」の成瀬巳喜男が監督に当る。撮影は大映「自由学校(1951 吉村公三郎)」の中井朝一である。主演者は「あゝ青春」の高峰三枝子、「せきれいの曲」の山村聡、「麦秋」の二本柳寛で、ほかに片山明彦見明凡太朗大谷伶子木村功沢村貞子などが助演、故岡田時彦の娘田中茉莉子がこの映画でデビューし、谷桃子とそのバレエ団が賛助出演している。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

矢木元男は考古学者であるが、もと妻の波子の家に書生していたという劣性意識から、結婚後高男、品子の二人の成人した子供のある今日まで夫婦の間にはうちとけ難い垣根がきずかれていた。そうした家庭の冷たさが高男と品子との二人の子供にも反映して、いつか高男は父の味方、波子と同じくバレエで未来を嘱望されている品子は母の子という風に別れてしまっていた。娘時代から波子を愛している竹原と、波子はいまも度々会わずにいられず、竹原をたよって矢木と別れようかと悩むのであった。品子のマネージャー沼田は波子への野心から、そうした波子をそそのかすのだった。弟子の友子が、妻子ある男との恋愛から、ストリッパーに転向したとき、波子はいっそ友子の生き方を羨ましいとさえ思うのだった。矢木が波子の家計の苦労を知らぬ顔に、内緒の貯金をしていると知ったとき、波子は竹原と関西への旅に出る決心をした。けれどその矢先に、高男が、父の病気を知らせて来て、波子は再び自分の家へ帰って行った。一人淋しく「白鳥の湖」の曲に耳を傾ける夫の後姿を見たとき、波子は矢木の心境がひしひしと身に感じられ、彼への新しい愛情にめざめるのだった。

作品データ

製作年 1951年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 85
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

製作 児井英生
原作 川端康成
脚本 新藤兼人
演出 成瀬巳喜男
撮影 中井朝一
美術 中古智
音楽 齋藤一郎

キャスト

矢木元男 山村聡
妻波子 高峰三枝子
長男高男 片山明彦
長女品子 岡田茉莉子
竹原 二本柳寛
沼田 見明凡太朗
野津 木村功
友子 大谷伶子
香山 大川平八郎
満枝 沢村貞子
谷桃子
谷桃子バレエ団
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/23更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 舞姫(1951)