映画-Movie Walker > 作品を探す > 海賊船(1951)

製作は「白痴」の本木莊二郎、脚本は「豪快三人男」の小国英雄、監督は「佐々木小次郎 (第一部)(1950)」の稲垣浩に同じく鈴木搏のキャメラである。出演者は、「白痴」の三船敏郎、「佐々木小次郎 (第一部)(1950)」の大谷友右衛門、それに宝塚少女歌劇団から浅茅しのぶが紅一点として出演、他に田崎潤森繁久彌上田吉二郎大泉滉英百合子などである。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

南シナ海で、密輸船ばかりをねらう海賊船、千里丸は、「支那海の虎」とよばれる船長の指揮であばれまわっていた。その千里丸が中国大陸のある港に錨をおろしているすきに、薫、一郎、實、俊夫の四人の子供がひそかに乗船していた。四人は船が出てから発見され、海賊船とは知らず日本へ連れ帰ってとたのむ。そして密輸船を襲撃するのを見て、勇敢な海上保安隊の船だと信じ込んでしまう。そして無邪気な子供たちのために船内は段々明るくなって行った。そのうち薫が実は娘であると知った射手の飛車が襲うが、それをかばう二の字と激しい格闘になる。しかし飛車はやがて虎のために海中へ投げ込まれた。密輸船の巣窟手島に近づいたとき、危険と知りながら、子供たちを日本へ帰す手順をするために入港、恨重なる密輸船の包囲攻撃を受け、これを保安隊へ急報して、子供たちは無事に保安隊に引渡したが、同時に他の密輸船と一緒に、千里丸の乗組員も保安隊本部へ連行された。海へ投げ込まれたのを恨に思っていた飛車が船長虎をおとし入れるような証言をするとき、女らしくなった薫のほかに、いま一人、虎のために弁護する証人が現われた。それは海上保安隊の制服を着た二の字であった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 1951年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 111
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

演出 稲垣浩
製作 本木莊二郎
脚本 小国英雄
撮影 鈴木博
音楽 深井史郎
美術 安倍輝明

キャスト

三船敏郎
二の字 大谷友右衛門
飛車 田崎潤
下駄 富田仲次郎
五右衛門 大久保正信
海坊主 福原秀雄
忍路 谷晃
チャック 森繁久彌
牛皮 高原駿雄
金時 松尾文人
業平 大泉滉
獨活 上田吉二郎
浅茅しのぶ
一郎 山本豊三
飯田健晋
俊夫 三井正吉
山本部長 龍岡晋
俊夫の祖母 英百合子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

ジョン・ウィック:パラベラム
ジョン・ウィック:パラベラム

最強の殺し屋の壮絶な復讐劇を描いたキアヌ・リーブス主演のアクションシリーズ第3弾

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 海賊船(1951)