映画-Movie Walker > 映画作品を探す > 黒幕は最後に殺せ

陰謀のために刑務所に入れられたギャンブラーの復讐を描く。製作はモート・ブリスキンジョエル・ブリスキン、監督は「ウォーキング・トール」のフィル・カールソン、脚本はモート・ブリスキン、撮影はジャック・マータ、音楽はパット・ウィリアムズが各々担当。出演はジョー・ドン・ベイカーコニー・ヴァン・ダイクガブリエル・デルジョン・マーレイ、ウオレン・ケマリングなど。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ロン・ルイス(ジョー・ドン・ベイカー)はポーカーで世渡りをするギャンブラーだが、今は南部の小さな町で「スターライト」という小さなクラブを経営していた。そのクラブで歌を唄っているロンの恋人スーザン(コニー・ヴァン・ダイク)にも、ポーカーなどやめてクラブ経営に専念してくれとせがまれていた。そんなある日、テキサスのダラスで大きな勝負があると聞いたロンは、はるばる出かけていった。そこでの勝負でロンはつきにつきまくり、ラスベガスにクラブを出せるほどの大金がころがり込んできた。スーザンにも今まで苦労を共にしてきたクラブの仲間にもきっといい思いをさせてやれる。彼はバラ色の将来を夢見て、夜の道を車を急がせた。そのとき突然、暗闇から銃弾を浴びせられたが、奇蹟的にその場を逃れる。わけが分からぬまま、ガレージに車を入れようとしたロンを、待ち伏せていた保安官補ジム・バスキンズが襲いかかる。素手でもみあっているうちにジムを殺してしまい、彼自身も傷つきその場で昏倒する。ロンが正気に戻ったとき、彼は保安官クリフ・モレッロ(ウオレン・ケマリング)の手で郡刑務所に入れられ、勝負の勝金はそっくり没収されてしまう。ロンの前に現われた弁護士は彼に、取り引きしなければ弁護できないといい出した。恋人のスーザンさえもロンを救けるために積極的な動きはしなかった。刑務所での生活が始まった。そんなある日、刑務所内で絶大な権力をもつシンジケートの大物サル・ビッカローネ(ジョン・マーレイ)とその手下の殺し屋ビンス(ガブリエル・デル)が、刑務所内で開帳されるポーカーを取り仕切るようロンに依頼しにきた。月日が流れ、サルとビンスはロンより一足先に出所することになった。入獄してから4年目、ロンも出所した。ロンは家に戻ると、なぜ裏切ったのかと、スーザンを問いつめた。彼女は事件のあと、2人の男に捕えられ脅迫されていたことを告白した。4年間、刑務所の中で見えない相手に抱き続けていた復讐心が燃え上がった。彼の服役中に、保安官だったモレッロは市長に出世していた。ロンが殺したバスキンズの従弟ビックフォードが保安官主任に昇格しており、事あるごとにロンを痛めつけようと機会を狙っていた。ある夜、クラブのピアニスト、ジェレイマイカが、黒人警官サムから事件当夜の業務日誌がいつの間にか書き替えられている事実をききだした。そのとき、思いがけなくムショ仲間のビンスが訪ねてきて、ロンを殺してくれとの依頼がきたと話した。さらにその夜、スーザンのアパートに2人組の賊が闖入し、彼女を縛り上げるという事件がおこった。運よくロンがその場に来あわせ賊を撃ち殺したが、保安官はこの事件を口実に再びロンをしめあげようと動き出した。一方ロンも、4年前の濡れぎぬを晴らすために行動を開始した。ビンスとの捜査の結果、黒幕はモレッロだったことが判明した。ロンはビンスと共に彼の邸に潜入し、殺した。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 Framed
製作年 1974年
製作国 アメリカ
配給 パラマウント映画=CIC
上映時間 106
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
サーホー
サーホー

『バーフバリ』シリーズのプラバースが主演を務めたインド発のクライムアクション

ジョン・F・ドノヴァンの死と生
ジョン・F・ドノヴァンの死と生

人気俳優の死の真相に迫る物語を描いた『マイ・マザー』のグザヴィエ・ドラン監督作

弥生、三月 -君を愛した30年-
弥生、三月 -君を愛した30年-

遊川和彦監督・脚本×波瑠&成田凌W主演で30年に及ぶ男女の愛を紡ぐラブストーリー

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 映画作品を探す > 黒幕は最後に殺せ