映画-Movie Walker > 作品を探す > 黒いジャガー シャフト旋風

ニューヨークの黒人私立探偵ジョン・シャフトの活躍を描く「シャフト」シリーズ第2作。製作はロジャー・ルイスアーネスト・タイディマン、監督は前作「黒いジャガー」のゴードン・パークス、脚本は「フレンチ・コネクション」のアーネスト・タイディマン、撮影はアース・ファーラー、音楽はゴードン・パークス、編集はハリー・ハワード、美術はエマニュエル・ジェラードが各々担当。出演はリチャード・ラウンドツリー、モーゼス・ガンドルー・バンディーニ・ブラウンジョセフ・マスコロキャシー・イムリーウォーリー・テイラージュリアス・W・ハリスロザリンド・マイルズジョー・サントスアンジェロ・ナッゾなど。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ここはニューヨーク。私立探偵ジョン・シャフト(リチャード・ラウンドツリー)は、愛人アーナ(ロザリンド・マイルズ)の兄キャル・アスピー(ロバート・K・ヒル)の電話で目を覚ました。キャルは友人のケリー(ウォーリー・テイラー)と共同で、川向こうのクイーンズで保険事務所と葬儀社の店を隣り合わせに営んでいたが、電話で、時もあろうに真夜中の2時、事務所にすぐ来てくれと呼び出した。シャフトはキャルの声の様子にただならぬものを感じ、車を飛ばしたが一足遅く、事務所は爆発しキャルも死んだ。しかし、ケリーは相棒の死よりも、焼けた金庫の中がカラだったことのほうが、よりシャクだったらしい。キャルの死体は棺に納められた。シャフトは、キャルの事業の持ち分は当然妹のアーナが継ぐことになるが、何もわからないアーナがケリーのいいようにされることを防ぐために当分目を離すまいと決心した。その頃、ケリーはマスコラ(ジョセフ・マスコロ)に会っていた。彼はこのボスに、バクチで負けた25万ドルの借金があり、彼の話によると、仕事の権利をキャルに買いとってもらうことになっており、その金はキャルが持っていた、というのだ。マスコラはすぐさま殺し屋をシャフトに差し向けた。ケリーはマスコラに払う金の工面をハーレムの黒人ボス、バンピー(モーゼス・ガン)に申し入れた。その夜、シャフトはキャルの葬儀社に忍び込み、計らずもケリーと店番との話を聞き、問題の25万ドルが棺の中に納められていることを知った。夜明け、ケリーが墓を掘り返しているところにマスコラが部下を連れてヘリコプターで到着し、25万ドルを横取りした上、ケリーとその部下たちを射殺する場面を目撃した。シャフトはすかさずマスコラの機先を制して金を奪い、逃げた。車とヘリの火花が散るような激しい追跡となったが、危機一髪、シャフトの一弾が敵をとらえ、ヘリは火だるまとなって空中に四散した。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 Shafi's Big Score
製作年 1972年
製作国 アメリカ
配給 メトロ
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
劇場版おっさんずラブ LOVE or DEAD
劇場版おっさんずラブ

男性同士のピュアな恋模様を描いた人気TVドラマ「おっさんずラブ」のその後の物語

台風家族
台風家族

草なぎ剛主演で10年ぶりに集まった兄弟たちが繰り広げるある真夏の1日の騒動を描く

人間失格 太宰治と3人の女たち
人間失格

小栗旬が太宰治を演じ、小説「人間失格」誕生にまつわる物語を蜷川実花監督で映画化

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 黒いジャガー シャフト旋風