映画-Movie Walker > 作品を探す > 女だけの夜

「こころ月の如く」のマキノ満男が製作に当り坪井与が始めての企画、東横京都としては開設第二回作品である。「花ある星座」の中西武夫の脚本で、演出は戦前「小市民」「試験地獄」「悦ちゃん」シリーズ、「北へ帰る」等の佳作を発表、また「蒼氓」の脚色者として著名であったクラタ・フミンドが終戦後最初のメガフォンをとる。「飛び出したお嬢さん」(松竹大船)の水戸光子、「かけ出し時代」(新東宝)の原節子が主演し、小夜福子、宝塚出身の新人八汐路恵子らが出演する。

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

香川京子の家に今宵は大勢の人が集っている。それは京子の女学校時代の先生や仲良しのお友達だった。婚約者中川と京子の結婚式が明日に迫ったのだ。そして叔母の道子の家に厄介になっている京子の、娘として最後の晩を朋友達に囲まれて過したいというわけである。学校時代の友達は懐しいものだった、水木つばさ、山城秋子、園田鈴子、由利しげ子、清水先生、京子の遠縁の娘松枝、総て優しく美しい女性である。皆が結婚を喜んでくれた。その中に一人、しげ子だけは喜ばなかった。京子には戦前武井という恋人があった。戦死したのである。激しい京子の悲嘆が薄れる頃、中川との間に愛情が芽生え今はもう本当の愛情で結婚しようと思っている京子だった。しげ子がそれを誤解していた、しげ子にも未だ消息不明の春岡という愛人があった。総てを春岡に対する愛情に浸っているしげ子にとって、京子の今度の結婚はどうしてもうなずけない気持だったのである。中川から京子に贈られたダイヤ指輪の紛失事件は、ひたむきに京子の結婚を妨げようとするしげ子の、幼い、それだけに激しい気持の現れから引き起したものだった、京子が自身の愛情を偽って結婚するんだとばかり思い込んだあげくの所業だったのである。しげ子の考え方は余りに純粋だったのか、皆には、少くとも乙女達には、その気持がわかるような気がする。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 1947年
製作国 日本
配給 東横
上映時間 79
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

キャスト

香川京子 水戸光子
香川ゆず子 八汐路恵子
香川道子 松浦築枝
水木つばさ 山村邦子
山城秋子 月城彰子
園田鈴子 針田和子
由利しげ子 原節子
追川松枝 星美千子
清水先生 小夜福子
岡田かつ 中村喜代子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 女だけの夜