映画-Movie Walker > 映画作品を探す > 悪魔をやっつけろ

「赤い風車」のジョン・ヒューストンの主宰するロミュラス・プロとハンフリー・ボガートのサンタナ・プロが共同で製作した1953年作品。地中海岸の小港に集った得体のしれぬ人間たちを辛らつに描いた喜劇で、ジェイムズ・ヘルヴィクの小説を、目下アメリカで嘱目される小説家トルーマン・カポーティ(「終着駅」台辞)が脚色、ヒューストンが監督した。撮影は「赤い風車」のオズワルド・モリス、音楽はフランコ・マンニーノ(「美しき幻想」=未輸入)の担当。出演者は、「アフリカの女王」のハンフリー・ボガート、「終着駅」のジェニファー・ジョーンズ、「懐かしの日々」のジーナ・ロロブリジダ以下、「メルバ」のロバート・モーリー、エドワード・アンダーダウン、「スペードの女王」のアイヴァ・バーナード、「落ちた偶像」のバーナード・リー、「越境者」のサーロ・ウルツィ、マルコ・ツリなど。

3/5
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

地中海にのぞむ小さな港町に、アフリカ行の船“ナイアンガ”の修理完了を待つ一群の人たちがいた。アメリカ人ビリー・ダンルザー(ハンフリー・ボガート)と妻マリア(ジーナ・ロロブリジダ)、ビリーの仲間と自称するピータースン(ロバート・モーリー)、オハラ(ピーター・ローレ)、ラヴェロ(マルコ・ツリ)、ロス少佐(アイヴァ・バーナード)の4人組、それにイギリス人のハリー(エドワード・アンダーダウン)及びグェンドリン・チェルム(ジェニファー・ジョーンズ)夫妻である。グェンドリンがダンルザーに話しかけたことから、グェンドリンはビリーに熱を上げ、英国崇拝のマリアはまたハリーに夢中という始末になった。ビリーとグェンドリンがヴィラで逢引きしたとき、ビリーはアフリカへ行くのはウラニュウム鉱を手に入れるためだといったが、グェンドリンは、実は自分たちもそうなのだとうそをついた。これをオハラが立聞きして皆につげたので、慌てたピータースンは予定を変更して飛行機でアフリカに行くことにした。ところが、先発を承って飛行場に向かったビリーとピータースンの車が故障して、残った連中は2人が死んだものと早合点した。ラヴェロは早速ハリーと組んで一儲けしようとウラニュウムの件をうちあけているところへ、ビリーたちが無事にかえってきたので一同はキツネにつままれたような気になった。そこへ“ナイアンガ”出帆の知らせがあり、とにかく一同はのりこんだが、ハリーに秘密を知られたピータースンはロス少佐に彼を殺させようとした。ハリーは危いところをビリーに救われたが、船長から危険人物と断定され、一室に押込められた。“ナイアンガ”は途中大故障を起こし、沈没しそうになったので、一同はボートにのってある浜辺に辿りついた。が、アラビアの行政官に取調べられたがスパイ嫌疑をうけてしまった。ビリーがうまく行政官にとり入り、一同は無事にもとの港にかえってきたが、そこにはスコットランド・ヤードの刑事がピータースン一味を捕らえにやってきていた。あとに残されたマリア、ビリー、グェンドリンがぼんやりしているところへ、意外にもアフリカに無事ついてウラニュウム鉱を手に入れたハリーからグェンドリンを呼ぶ電報がきた。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 Beat the Devil
製作年 1953年
製作国 アメリカ
配給 松竹洋画部=S・I・F
上映時間 89
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
一度死んでみた
一度死んでみた

父親が嫌いな娘が父親の死の真相を巡り巻き込まれる騒動を広瀬すず主演で描くコメディ

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実
三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実

1969年の東大全共闘との討論会を通して作家・三島由紀夫の生き様を浮き彫りにする

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 映画作品を探す > 悪魔をやっつけろ