映画-Movie Walker > 作品を探す > 新・極道の妻たち

ある極道一家の跡目争いの中で母子の絆に苦悩しながらも迫りくる大組織と闘う極道の妻の姿を描くシリーズ第5弾。家田荘子原作の同名ノンフィクションを基に、脚本は「右曲がりのダンディー」の那須真知子が執筆。監督は「激動の1750日」の中島貞夫。撮影は「遺産相続」の木村大作がそれぞれ担当。

3/5
総評価数 4
レビュー 0
投票 4
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (1)
星3つ 25% (2)
星2つ 0% (1)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

尼崎の藤波組では二代目の急死により霊代の加奈江が事実上の統率をしていた。加奈江には妹の頼子と、雅美、直也という二人の子供がいた。頼子の夫は現在拘留中の若頭・松岡、雅美の夫・宗田は本部長、そして直也は最近組を興し藤竜会の会長になっていた。松岡が出所となり、加奈江は三代目に松岡を立て、二代目霊代からひこうとしていたが、その矢先に松岡は射殺されてしまう。それによって藤波組は大きく揺れ動く。加奈江は三代目候補に宗田を選んだ。それを知った直也は、この機会を逃すまいと緊急幹部会席上で、宗田を押す幹部を相手取り三代目に立候補した。そんな血気さかんな直也も女子大生の葉子と会っているときだけは気持ちが安らいだが、直也が極道であることを気付かれ、突然の破局を迎えてしまう。落ち込んだ直也は、それを晴らすかのように藤竜会会長としての貫録をつけ、藤波組の威光を使い前田組を吸収した。しかし、皮肉にも対立する神原組系列の組織と前田組が盃を交わしたことにより、藤竜会と前田組の間に抗争が起きる。加奈江は一人、神原組を訪れ、藤竜会の解散と直也の引退を条件に、この戦争を終結させようとするが、それを受け入れようとはしない直也の余りにも強い意志に、ついに加奈江は屈した。加奈江は母子の絆を断ち切り、幹部会で三代目に直也を、若頭に宗田を決定し、藤波組は神原組と戦争を始めようとしていた。だが、それを察知した警察権力の介入で直也に逮捕状が出た。一方、弁護士協会から懲戒勧告を受けた組の顧問弁護士・美佐子も藤波組と心中する腹を決めていた。加奈江は直也の護送ルートを美佐子にしか知らせなかったが、宗田は美佐子からそれを聞き出し、直也は警察に出頭する途中に前田組の銃弾に散っていった。加奈江は宗田が神原組幹部の地位と引き換えに松岡と直也を殺したことを知った。そして加奈江と美佐子は宗田を射止め、その怒りはさらに神原組へと向けていくのだった。

見たい映画に
登録した人
5

作品データ

製作年 1991年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 114
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 中島貞夫
プロデューサー 奈村協天野和人
原作 家田荘子
脚本 那須真知子
企画 日下部五朗
撮影 木村大作
音楽 小笠原寛
主題歌 ジェフリー・ジェムス
美術 野尻均
編集 玉木濬夫
録音 伊藤宏一
スチール 高瀬和三郎
助監督 比嘉一郎
照明 増田悦章

キャスト

藤波加奈江 岩下志麻
藤波直也 高嶋政宏
宗田義人 桑名正博
桐島美佐子 かたせ梨乃
角谷孝仁 夏八木勲
松岡頼子 新藤恵美
氏家葉子 海野圭子
宗田雅美 藤奈津子
国井勝次 西岡徳馬
殿山誠 綿引勝彦
松岡龍三 曽根晴美
矢内一重 三上真一郎
重田 本田博太郎
岡邦彦 高良隆志
若原刑事 石橋蓮司
大沢検事 西田健
杉田陽平 野口貴史
砂岡亮一 市川好郎
渡海一成 岩尾正隆
守谷保 上田雄大
川島寛次 山崎泰盛
成瀬明 藤井裕士
金子 宮本大誠
前田 成瀬正孝
砂岡勝子 山村紅葉
渡海由起 木村緑子
氏家光子 丸平峰子
美穂 小松由起子
増田市子 八汐路圭子
花屋の店員 上田一乃
従業員 小船秋夫
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
劇場版おっさんずラブ LOVE or DEAD
劇場版おっさんずラブ

男性同士のピュアな恋模様を描いた人気TVドラマ「おっさんずラブ」のその後の物語

台風家族
台風家族

草なぎ剛主演で10年ぶりに集まった兄弟たちが繰り広げるある真夏の1日の騒動を描く

人間失格 太宰治と3人の女たち
人間失格

小栗旬が太宰治を演じ、小説「人間失格」誕生にまつわる物語を蜷川実花監督で映画化

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 新・極道の妻たち