映画-Movie Walker > 作品を探す > ふたり(1991)

尾道を舞台に、亡き姉の幽霊に見守られながら成長していく多感な少女の姿を描く。赤川次郎原作の同名小説の映画化で、脚本は「菩提樹 リンデンバウム」の桂千穂が執筆。監督は「北京的西瓜」の大林宣彦。撮影は同作の長野重一がそれぞれ担当。

3/5
[?]評価方法について
総評価数 15
レビュー 3
投票 12
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 14% (1)
星4つ 100% (7)
星3つ 71% (5)
星2つ 14% (1)
星1つ 14% (1)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ドジでのろまな夢見る14歳の実加(石田ひかり)は、優しい両親と自分とは正反対のしっかり者の姉・千津子(中嶋朋子)に囲まれて幸せな日々を送っていた。ところがある朝、学校へ行く途中、忘れ物を取りに戻ろうとした千津子は、突然動き出したトラックの下敷きになって死んでしまい、その事故のショックで母・治子(富司純子)はノイローゼ気味になってしまう。実加はけなげにも姉の代わりを演じようと、ひとり明るく振る舞うが、ある日、変質者に襲われかけた実加は、死んだ千津子の幽霊に助けられる。その日以来、実加が難関にぶつかると千津子が現れ、“ふたり”で次々と難関を突破してゆく。そして千津子に見守られながら、日に日に美しく素敵な少女に成長していく実加は、第九のコンサート会場で、姉の知り合いだったという青年・智也(尾美としのり)に出会い、ほのかな想いを抱くようになる。やがて16歳になった実加は、千津子と同じ高校へ進学。演劇部へ入部し、千津子が生前演じたミュージカルの主役に抜てきされるが、そんな実加をやっかむいたずら電話により、治子は倒れて再び入院する。それと同時に北海道へ単身赴任していた父・雄一(岸部一徳)の浮気が発覚する。崩れかける家族の絆を必死に守ろうとする実加と、それを見守る千津子。そして、実加がそんな事態を乗り越えた時、それは千津子との別れの時でもあった。こうして自立していく実加は、この出来事を本に書き残そうと心に決めるのだった。

見たい映画に
登録した人
9

作品データ

製作年 1991年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 150
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 大林宣彦
製作 川島國良大林恭子田沼修二
プロデューサー 大林恭子太田智朗小出賀津美
原作 赤川次郎
脚本 桂千穂
撮影 長野重一
音楽 久石譲
主題歌 大林宣彦&FRIENDS
美術 薩谷和夫
編集 大林宣彦
録音 林昌平横溝正俊
スチール 久井田誠
助監督 上山勝
照明 島田忠昭

キャスト

北尾実加 石田ひかり
北尾千津子 中嶋朋子
北尾治子 富司純子
北尾雄一 岸部一徳
神永智也 尾美としのり
内田祐子 増田恵子
長谷部真子 柴山智加
前野万里子 中江有里
中西敬子 島崎和歌子
万里子の母 吉行和子
真子の父 ベンガル
真子の母 入江若葉
担任の先生 奈美悦子
精神科医 竹中直人
変な男 頭師佳孝
トラックの運転手 大前均
坂道の婦人 藤田弓子

レビュー

ふたり(でひとり)

投稿者:ミチさん

(投稿日:2009/05/16)

この作品のテーマは、これです。兄弟は自分の人生の初めてのライ…

[続きを読む]

支持者:1人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ふたり(1991)