映画-Movie Walker > 作品を探す > ![ai-ou]

世渡り下手な三人のアウトローたちの傷だらけの青春像を描く。脚本は「微熱 MY LOVE」の斉藤猛が執筆。監督は「バカヤロー! 私、怒ってます」(第四話/英語がなんだ)の堤ユキヒコ。撮影監督は「香港パラダイス」の高間賢治がそれぞれ担当。

3/5
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (1)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

修次はヤクザが請け負った借金取り立ての下請けを生業としている35歳の中年チンピラ。圭介は一流大卒のエリート銀行マンだったが、銀行の金を使い込み、サラ金に手を出しドロップアウト。元はどんな権威にも権力にも屈しないアウトサイダー。そんな三人がひょんなことから知り合い、ヤクザの親分・川本のすすめで、仕方なく手を組むことになった。ところが仕事はといえばコンサートチケットのダフ屋とか地上げ屋の手伝い、あげくの果てはカプセル薬を売り歩く売人といったセコイ商売ばかり。だが、修次には中古のセスナ機を住み家としている倉庫に納め、いつかこの手で大空を飛んでみたいという熱い夢があり、そのパイロット免許を取るために英会話学校に通い、講師のかすみにほのかな想いを寄せていた。最初は冷めた態度の彼女も次第に三人に好意を寄せて行く。そんなある日、病院で偶然多量のカプセル薬を目にした圭介はこれを直接仕入れてヤクザから手を引こうと修次にもちかける。そして厚生省の係官を装って様々な病院からカプセル薬を奪取して売り歩く三人。だが、それによってメンツをつぶされた川本はジリジリと三人を追い詰めて行く。こうして川本組と対立することになった三人は銃弾にまみれながらセスナ機に乗って逃亡を図るが元と圭介は撃たれてしまい、それと同時に三人を乗せたセスナ機は飛び始めるのだった。

見たい映画に
登録した人
2

作品データ

製作年 1991年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 108
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 堤ユキヒコ
製作 佐藤光夫
製作総指揮 大塙渡原田太郎
プロデューサー 市村朝一小滝祥平藤田義則
原案 遊川和彦
脚本 斉藤猛
企画 秋元康
撮影 高間賢治
音楽 鈴木キサブロー
主題歌 RCサクセション
美術 及川一
編集 冨田功
録音 林大輔
スチール 目黒祐司
助監督 片島章三
照明 吉角荘介

キャスト

佐倉修次 柴田恭兵
辻川圭介 錦織一清
谷口元 大槻ケンヂ
浅井かすみ 岡部まり
川本 深水龍作
辻川圭吾 上田耕一
太田社長 石井光三
太田鉄雄 我王銀次
医師 斉木しげる
女医 渡辺えり子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
劇場版おっさんずラブ LOVE or DEAD
劇場版おっさんずラブ

男性同士のピュアな恋模様を描いた人気TVドラマ「おっさんずラブ」のその後の物語

台風家族
台風家族

草なぎ剛主演で10年ぶりに集まった兄弟たちが繰り広げるある真夏の1日の騒動を描く

人間失格 太宰治と3人の女たち
人間失格

小栗旬が太宰治を演じ、小説「人間失格」誕生にまつわる物語を蜷川実花監督で映画化

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ![ai-ou]