大誘拐 RAINBOW KIDS|MOVIE WALKER PRESS
MENU

大誘拐 RAINBOW KIDS

1991年1月15日公開,119分
  • 上映館を探す

大金持ちの老女誘拐を実行した三人組の若者とそれに関わる人々を逆に手玉にとる老女の姿をユーモラスに描くブラックコメディ。天藤真原作の同名小説の映画化で、脚本・監督は「ジャズ大名」の岡本喜八。撮影は「YAWARA!」の岸本正広がそれぞれ担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ある夏の日の朝、大阪刑務所に仲間の正義と平太を迎えに行った健次は、二人に誘拐の計画を話す。最初は反対する二人だったが、健次のねらいは紀州一の山林王・柳川とし子刀自。さっそく計画を実行する三人。ところがこのおばあちゃんただ者ではなく、やっと山中で拉致に成功した彼らに向かって和歌山県警本部長・井狩の知るところとなれば逃げるのは難しい、と落ち着いた表情で論じ始める始末。こうして三人は刀自に用意させた家に身を隠すことになる。この家は柳川家の元女中頭だったくーちゃんことくらの家だった。そのころ、和歌山県警本部では“刀自誘拐”の連絡が届き、刀自を生涯最大の恩人と敬愛する井狩が火の玉のような勢いで捜査に乗り出して来た。連絡を聞いた刀自の子供たちも次々と柳川家に到着。騒然とした空気の中、刀自救出作戦が開始された。一方、三人は隠れ家で身代金要求の策を練っており、その額が五千万円だと知った刀自はいきなり表情を変え、「大柳川家の当主なんだから百億や!」と三人に言い放つ。それによって誘拐犯と刀自の立場は完全に逆転してしまい、事件はいつしか刀自と井狩との知力を尽くした戦いになっていた。そしてついに身代金の受け渡しの日がやってくる。それは前代未聞の全世界へ生中継されるにまで至っていた。こうした大騒ぎの中で百億は犯人に渡され、事件は終わった。三人組はそれぞれの道を歩んでいき、数日後、柳川家に戻った刀自の前に事件の全謀を察した井狩が姿を現わし、刀自はその真実を打ちあけるのだった。

作品データ

製作年
1991年
製作国
日本
配給
東宝
上映時間
119分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.6
  • 月うさぎ

    5
    2012/12/28

    日本のミステリーで一番好きな「大誘拐」が原作。
    スケールが違うんですよ~!
    としこ刀自の心の奥にしまい込んでいた怒りに心を打たれました。
    さわやかなラストも最高。
    日本国と戦争への疑問も織り込まれ、考えさせます。

    北林谷栄さん緒方拳さんと樹木希林さん他、役者さんもうまいしはまっているし。
    全体的に多少チープでバタバタ感がありますが、がっかり感はありません。
    原作よりもコメディを全面に打ち出しているかなと思いますが、
    テンポもよく、楽しめるいい作品でした!

    北林谷栄さん緒方拳さん。お二人とも故人になられてしまって、哀しいです。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • 晴耕雨読

    5
    2009/5/23

     映画の出来不出来は脚本に比重が掛かっている。そして、その脚本のベースになっている原作が優れていれば映画の完成度は保証されたようなもの。本作品はさらにエンターテインメントを知悉した岡本喜八監督の演出によって創作された映画なので面白いこと請け合い。物語は刑務所の懲役刑で知り合った小悪党の三人トリオが、紀州随一の大富豪、柳川家の当主「とし子刀自」を誘拐して身代金を要求するお話。

     古今東西、小悪党や粗暴犯に知恵が足りないのは過去にも実証済だが、小悪党三人組に誘拐された「とし子刀自」を演じる北林谷栄が、逆に誘拐犯や県警本部長に扮した緒方拳はおろか、最終的には国家をも翻弄する痛快娯楽劇に拍手喝采。これほどに犯罪者側に感情移入した映画は過去にも経験がない。小悪党三人組は身代金5000万円を要求しようとするが、何故か「とし子刀」自はこれを100億円という桁違いの金額にスケールアップしてしまう。破格ずくめの奇想天外なインサイドワークが展開され、ラストシーンでは全ての登場人物に対して悪い感情を抱くこともなく無上の爽快感を感じるさせる展開が見事。

     北林谷栄や緒方拳を取り巻く脇役陣も見事な芸達者が勢揃いなのだが、小悪党三人組は風間トオルを始めとして残念ながらTVタレントの域を脱してはいない。原作者の天藤真が持ち味を本領発揮しているだけに、個人的には小悪党三人組の配役にひと工夫欲しかったと悔やんでいる。「とし子刀自」は何故マスメディアまで巻込んで、壮大な身代金授受計画を立てたのだろうか。誘拐された被害者と、犯人との間に不思議な連帯感が生まれると言う「ストックホルム・シンドローム」は本作品では真逆の扱いという発想がユニークであり、それが、暴力による威圧行為によるものではなく、人間性と人格の大らかさで懐柔していくことが面白い。

     世界同時不況によって、世界的に格差社会が顕著になってきているが、映画はミリオネアーと小悪党の発想は全く違っているといったギャップがコアになっている。相場英雄の小説「偽装通貨」を読むとミリオネアーたちが考えるお金の単位とラーメン単位でお金のことを考えている小悪党たちのギャップがよく理解出来るが、本作品でも、「とし子刀自」は100億円をジェット戦闘機単位で考えれば、2機分でしかないと断言するが、これは人間としてのスケールの違いとしか言いようがない。映画「マルサの女」や「マルサの女2」は高額所得者に対する低所得者層の鬱憤を晴らすガス抜き的カタルシスがあったが、本作品はそれとは真逆の国家権力に対するシニカルなカタルシスがある。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告