TOP > 上映中の映画作品を探す > おあずけ

バイオテクノロジーによって生まれた二人の少女とサイコパワーを持つ悪意に満ちた科学者との対決を描く。脚本は「ほしをつぐもの」の小水一男が執筆。監督は新人の内田琢磨。撮影は花田三史がそれぞれ担当。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

人工子宮によって誕生した二人の少女・七重と由美は一風変わった家庭環境に育ちながらも、優しい母親たちに囲まれて明るく健やかに成長していた。一見ごく普通の女の子だが実はこの二人、生まれながらにしてテレパスやテレポートなどの超能力を持っていた。そんな二人が高校生になったある日、彼女たちは、遺伝子上の父親であり、ECCOの天才科学者・山口仁の存在を知る。そしてその山口は醜くねじれた劣等感の固まりで、底知れぬ悪意に満ちたサイコ・パワーの持ち主だった。そんな折り、七重と由美は山口が創り出したヘテロやゾンビに襲われていた狼人間を助ける。「おあずけ」という名前をもつ彼・茂に恋する二人。しかし「おあずけ」もまた山口の遺伝子操作によって作り出された不幸なミュータントであった。それによって山口の醜くねじれた劣等感の意味とECCOの恐ろしい企みがわかった七重と由美は、実の父親である山口と全面対決することになっていく。そしてそんな時「おあずけ」が山口の手に捕まり殺されてしまうのだった。初恋の人を殺されてしまい、遂に怒った七重と由美は自らの超能力を使い、死斗の末、山口を倒すのだった。

作品データ

製作年 1990年
製作国 日本
上映時間 88
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

製作総指揮 静野謹孝
企画 榎本靖進藤哲和
プロデューサー 榎本靖細石照美市山隆治
脚本 小水一男
監督 内田琢磨
撮影 花田三史
音楽 中村水青
美術 平井淳郎
録音 横溝正俊
照明 小島真二
スチール 堂地勝巳
編集 村本勝
監督補 伊藤聡
助監督 出射均
主題歌 桜井幸子

キャスト

岡本七重 桜井幸子
岡本七重(子役) 中川彩
田村由美 新島弥生
田村由美(子役) 大西史子
田村桂子 朝丘雪路
岡本あゆみ 木野花
岡本ゆかり 志水季里子
岡本さえこ 亜湖
岡本よしこ 風祭ゆき
山口仁 川野太郎
中井茂 中尾学
アマゾネス 森永奈緒美
トカゲ人 丸山保正
ゾンビ 名波武晴
ヘテロクロミア 有沢美樹
金銀妖瞳 山下健太
栗原麗子 岡田優奈
青井洋子 浅見真由美
西丘あすか 柳原愛子
小松めぐみ 西崎文
レジーのおネーさん 倉垣由美子
郵便配達 ふじわら哲平
ヘンなおじさん ビートきよし
教師 丹古母鬼馬二
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/20更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > おあずけ