映画-Movie Walker > 作品を探す > クランスマン

KKK団の恐怖と暗躍を白日の下にさらし、ついに越えることのできない人間問題をとらえた作品。製作はウィリアム・アレクサンダー、監督は「アマゾネス」のテレンス・ヤング、脚本はミラード・カウフマンサミュエル・フラー、原作はウィリアム・ブラッドフォード・ヒューイ(立風書房刊)、撮影はロイド・エイハーン、音楽はスタックス・オーガニゼーションが各々担当。出演はリー・マーヴィン、リチャード・バートンO・J・シンプソンキャメロン・ミッチェルローラ・ファラナリンダ・エヴァンスなど。

4/5
総評価数 2
レビュー 0
投票 2
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (1)
星3つ 25% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

アラバマ州のある小さな町。ここは人種差別の激しい南部でも特に過激であり、それを正当づけるのが、南部諸州に組織されている狂信的秘密結社KKK団であった。黒人のための公民権運動集会が、この町でおこなわれるとのニュースに、町はますます殺気立っていた。町のシェリフ(リー・マーヴィン)はこうした情勢に憂慮していた。来期の選挙に立つためだ。だが事件は早く起こった。人妻ナンシー(リンダ・エバンズ)が黒人に暴行されたのだ。シェリフは、すぐさま容疑者を身の安全のため逮捕したが、町のKKK団の支部はようしゃなく黒人を惨殺した。この時、難を逃れたガース(O・J・シンプスン)は、友への復讐を誓った。平等派で山に住むブレック(リチャード・バートン)は、集会のためにやって来た黒人娘ロレッタ(ローラ・ファラナ)を迎え、そして、町中より白い眼でみられているナンシーをいたわる。一方、姿を隠したガースは復讐に走っていく。集会の当日、ガースが現われたため、KKK団の追求はシェリフの手に負えなくなってくる。さらに町を去るナンシーを見送ったブレックが、黒人嫌いのシェリフの助手を殴った事件は、KKK団の怒りをますます激化させていった。そして遂にKKK団はブレックの山林焼打ち計画を立てる。ブレックは町長と面会し、阻止するよう依頼するが、町長は彼が黒人たちと町や山を出ていくのならKKK団を押さえると話にならない。交渉は決裂し、ブレックはKKK団と対決する決心を固めた。一方、シェリフはブレックの山荘にかけつけたが、KKK団の襲撃についに銃声がこだまし、銃弾が飛び交い、ブレックもシェリフも傷つき、ガースだけが生き残った。

見たい映画に
登録した人
2

作品データ

原題 The Klansman
製作年 1974年
製作国 アメリカ
配給 東宝東和
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > クランスマン