あげまん|MOVIE WALKER PRESS
MENU

あげまん

1990年6月2日公開,118分
  • 上映館を探す

“あげまん(上昇運)の女”と呼ばれるヒロインと彼女に携わる男たちの葛藤をユーモラスに描く。脚本・監督は「マルサの女2」の伊丹十三。撮影は「シンデレラ・エクスプレス」の山崎善弘がそれぞれ担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

捨て子だったナヨコは老夫婦に育てられるが、中学を出てナヨコは芸者の道を歩むことを決心する。そして芸者の置屋に預けられたナヨコはそこで一人前の芸者に成長してゆくがそんなある日、僧呂多聞院のもとに水揚げされ、彼女の人生は一変するのだった。ナヨコと暮らすようになって多聞院の位はめきめきと高くなっていったのだ。だが、間もなく多聞院は病死してしまうのだった。何年かたち銀行のOLになったナヨコは、ふとしたことからうだつのあがらない銀行員鈴木主水と知り合い、お互い愛し合うようになる、だが同時に政界の黒幕である大倉善武もナヨコの“あげまん”に目をつけていた。結局主水と結ばれるナヨコだったが出世街道を走り始めた主水は、出世のために瑛子という女と婚約してしまいナヨコと別れてしまうのだった。主水に捨てられたナヨコは大倉のもとへいき、再び芸者となった。そんな時、総理の椅子をめぐって鶴丸幹事長と争う犬飼政調会長もまたナヨコに目をつける。その頃主水は上役千々松が鶴丸に政治資金を横流ししていた不正をきせられてピンチにおちいっていた。そのことを知ったナヨコは、やはり主水のことが気がかりになっていた。だがその時犬飼から鶴丸が癌で先長くない命であることを知らされたナヨコは、それをネタに主水の危機を救うのだった。そしていつしか二人は永遠の愛で結ばれるのだった。

作品データ

製作年
1990年
製作国
日本
配給
東宝
上映時間
118分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

2.9
  • ひとみ

    3
    2009/3/16

    伊丹映画には、わりと身近な題材が多い。宮本 信子を起用したシリーズに於いては、“なるほどな”確かに こんな女って居るだろうって思うような“女”ばかりが“シリーズ化”されていた。どうせ一緒になるなら“上昇運”の女と一緒になりたいものだ!男だったらそう思うんじゃないか。伊丹十三…、今となっては惜しい監督を亡くしたものだ。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告