映画-Movie Walker > 作品を探す > 死の棘

別離の危機に瀕した夫婦の絆と家族の再生を描いた人間ドラマ。島尾敏雄原作の同名小説の映画化で、脚本・監督は「伽耶子のために」の小栗康平、撮影は「帝都大戦」の安藤庄平がそれぞれ担当。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 9
レビュー 1
投票 8
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 50% (2)
星4つ 50% (2)
星3つ 100% (4)
星2つ 25% (1)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ミホとトシオは結婚後10年の夫婦。第二次大戦末期の一九四四年、二人は奄美大島・加計呂麻島で出会った。トシオは海軍震洋特別攻撃隊の隊長として駐屯し、島の娘ミホと恋におちた。死を予告されている青年と出撃の時には自決して共に死のうと決意していた娘との、それは神話のような恋だった。しかし、発動命令がおりたまま敗戦を迎え、死への出発は訪れなかったのだ。そして現在、二人の子供の両親となったミホとトシオの間に破綻がくる。トシオの浮気が発覚したのだった。ミホは次第に精神の激しい発作に見舞われる。トシオはその狂態の中に、かつてのあの死の危機を垣間見る。それは、あらゆる意味での人間の危機であった。トシオはすべてを投げ出してミホに奉仕する。心を病むミホと二人の子を抱え、ある時は居を転じ、ある時は故郷の田舎に帰ろうと試み、様々な回復の手段を講じるトシオだったが、事態は好転せず、さらに浮気の相手・邦子の出現によって、心の病がくっきりし始めるのだった。トシオは二人の子をミホの故郷である南の島におくりミホと共に精神科の病院に入り、付き添って共に同じ日々を送る。社会と隔絶した病院を住み家とすることで、やがて二人にゆるやかな蘇りが訪れるのだった。

見たい映画に
登録した人
6

作品データ

製作年 1990年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 114
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 小栗康平
製作 荒木正也
製作総指揮 奥山融
プロデューサー 藤倉博野村芳樹
原作 島尾敏雄
脚本 小栗康平
企画協力 SPACE
撮影 安藤庄平
音楽 細川俊夫
美術 横尾嘉良
編集 小川信夫
録音 西崎英雄
スチール 坂本広志
音響効果 本間明
助監督 佐々木伯
照明 松井博
製作協力 荒木事務所

キャスト

ミホ 松坂慶子
トシオ 岸部一徳
伸一 松村武典
マヤ 近森有莉
邦子 木内みどり
おじ 山内明
おば 中村美代子
ススム 平田満
床屋 浜村純
床屋 小林トシ江
医師 嵐圭史
八百屋 白川和子
教師 安藤一夫
離れの娘 吉宮君子
雑貨屋 野村昭子

レビュー

ひかれた

投稿者:☆★もも★☆

(投稿日:2008/04/14)

とてもタンタンと進んでいく感じで 圧倒されました。 …

[続きを読む]

支持者:2人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 死の棘