TOP > 上映中の映画作品を探す > リメインズ 美しき勇者たち

大正末期の北国の山村を舞台に、人喰い熊と5人のマタギ衆との壮絶な戦いを描く。JAC(ジャパン・アクション・クラブ)創立20周年記念作品で脚本は佐藤繁子が執筆、監督はJAC主宰の俳優千葉真一でこれが第一回作品、企画・監修に「華の乱」の深作欣二、撮影は藤原三郎がそれぞれ担当。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
2

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

大正末期の北国。マタギ衆とその家族は、鷹の爪と呼ばれる山村に住んでいた。マタギ衆の射手・鋭治は、幼なじみのユキと2年ぶりに再会した。小さい頃から正義感が強く、男まさりの激しい気性を持ったユキは、あと2年残っている庄屋の奉公を喧嘩してやめて来てしまったのだった。そんな時、ユキの実家で大惨劇が起こる。ユキの父、母、弟の3人が“赤マダラ”と呼ばれる巨大な人喰い熊によって惨殺されたのだった。翌朝、鋭治やシカリ(統率者)の嘉助を含めた5人のマタギ衆が赤マダラ退治に出発した。ユキも連れて行ってほしいと懇願するが、女は山に入れないという掟があるために断られる。その日以来ユキは愛犬・芽留と共に姿を消した。その後も赤マダラは各地で殺りくを繰り返すのだった。何日かたち、マタギ衆が赤マダラらしき熊を見つけて追いつめた時、突然子供のマタギが飛びこんできて、熊を打ち倒す。そのマタギは子供でなくユキだった。復讐の鬼と化したユキは倒した熊が赤マダラでないことを知ると、自らが囮となって赤マダラを呼びよせた。そして、鋭治と共に赤マダラに立ち向かうユキは死闘の末、遂に赤マダラを倒したのだった。

作品データ

製作年 1990年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 107
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

製作 櫻井洋三千葉真一石田博
企画 深作欣二
監修 深作欣二
企画協力 松橋功
プロデューサー 清水一夫野村芳樹星野精三
脚本 佐藤繁子
監督 千葉真一
アクション監督 金田治
撮影 藤原三郎
音楽監督 真田弘之
美術 梅田千代夫
録音 広瀬浩一
照明 中山利夫
スチール 遠藤功成
編集 園井弘一
助監督 萩谷泰夫
主題歌 村松美香

キャスト

鋭治 真田広之
ユキ 村松美香
サブ 黒崎輝
次郎 真矢武
伍平 栗原敏
浅吉 夏八木勲
キヨ 南田洋子
ミツ 森田美樹
マツ 奈美悦子
ヤエ 高部知子
警察署長 田中浩
倉持巡査 鈴木ヤスシ
よろず屋 蟹江敬三
県会議員 長門裕之
嘉助 菅原文太
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/29更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > リメインズ 美しき勇者たち