ファンシイダンス|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ファンシイダンス

1989年12月23日公開,101分
  • 上映館を探す

家業を継いで田舎のお寺の跡取り坊主になったシティボーイの姿をコメディタッチで描く。岡野玲子原作の同名漫画の映画化で、脚本・監督は「変態家族・兄貴の嫁さん」の周防正行、撮影は「二十世紀少年読本」の長田勇市がそれぞれ担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

塩野陽平は、街の明るい大学4年生。ロックバンドを組み、ライブハウスでリードボーカルとして翔んでる毎日を送っていた。しかし、陽平には寺の跡取りという宿命があった。恋人の真朱を残して、ド田舎の禅寺、明軽寺に弟の郁生と共に入った陽平たちを待っていたのは、つらく厳しい修行の毎日だった。しかし、地獄の修行もしばらくすると、お寺の裏側も見えてくる。偉そうな顔した古参たちも裏に回れば何をやっているかわかったもんじゃないというのが現実だった。そんなある日、たまたま会社の研修で参禅にやってきたバンド仲間のアツシから真朱が硫一と付き合いだしたと聞かされた陽平は、不安を隠せない状態に陥るが、そこへなんと真朱が明軽寺にやってきた。久しぶりに愛を確かめ合おうと思ったものの、嫉妬深い寿流に見付かってしまい、大目玉をくらってしまう。そんなことで陽平は名物住職の南択然老師の行者となってしまった。しかし、この老師は世話のやけるボケ老人。しかし、なぜか陽平はそんな南老師のそばにいると気分が落ち着くのだった。そして一年がたった。真朱のもとに帰る日も近い!と浮かれていた陽平だったが、知らない間に山を降りる日を延期され、次の制中の首座に選ばれてしまった。落ち込む陽平だったが南老師の言葉に奮起して修行に打ち込みだし、遂に法戦式の日が来た。寿流らの妨害もあったが何とか無事に終ったのだった。

作品データ

製作年
1989年
製作国
日本
配給
大映
上映時間
101分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.4
  • たっかん

    3
    2014/9/27

    「ファンシイダンス」というタイトルしか知らずに、周防監督作品なので観てみた。

    冒頭、本木の半分坊主頭という斬新なロック場面。「若者たち」(♪君の行く道は果てしなく遠い、だのになぜ歯をくいしばり、君は行くのか、そんなにしてまで…)は、なかなか良かった。

    と思って観ていたら、修行僧の物語に突入していって、これまで観たこともない一風変わった修行の風景の数々が展開する。しかし、映画づくりにあたって、よく調べたなぁ、と思う。

    クライマックスでは「法戦式」と聞いてもピンと来ないが、観ていると「こういうものなのかな」と思う次第。

    バブル時代の象徴的風景、その頃のドラマ出演者である鈴木保奈美などを見ると、「確かに、あの頃はこんな風景だったなぁ~」と思う。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告