TOP > 映画作品を探す > レディ!レディ Ready! Lady(1989)

キャリア・ウーマンの淑母と自由奔放な田舎娘の姪のジェネレーション・ギャップをコメディ・タッチで描く。脚本は「・ふ・た・り・ぼ・っ・ち・」の丸山昇一が執筆、監督は「ほんの5g」の太田圭、撮影監督は「ラッフルズホテル」の鈴木達夫、撮影は福元文一がそれぞれ担当。

4/5
総評価数 3
レビュー 0
投票 3
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (2)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
3

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

東京の大手都市銀行に支店長次長として勤めるバリバリのキャリア・ウーマン、菅野萌子の元に、ある日自由奔放の姪の高橋亮子が上京してきた。しかし、洗練されたシティライフを送っている萌子と、“呑む、打つ、買う”が趣味のワイルドなライフスタイルの亮子の気が合うはずはなく、二人は顔を合わせれば口論ばかりしていた。亮子は萌子からデザイン会社の就職口を紹介されたが気に入らずブラブラして居候を決め込んでいた。ある日萌子が九州へ出張中、亮子は偶然入ったパン屋で店主の吉野喜一と知り合った。吉野は亮子が以前から興味を持ち、深夜望遠カメラで覗いていた相手だった。そこで亮子はさっそくパン屋で働くことに決めた。しかし、吉野は借金苦で自殺した父親の復讐のため、萌子の銀行の爆破を計画していた。一方、萌子は女性初の支店長として九州へ転勤するか、それともハスラー、雲井雄介との恋を取るか悩んでいた。亮子は吉野に別居中の妻がいることや彼の過去、そして爆破計画のことを知り、それをなんとか阻止したのだった。萌子は身の振り方を悩んだ挙句、九州での支店長の道を進むのだった。

作品データ

製作年 1989年
製作国 日本
配給 アルゴプロジェクト
上映時間 104
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

プロデューサー 伊地智啓
監督 太田圭
脚本 丸山昇一
撮影 鈴木達夫福元文一
音楽 安西史孝
音楽プロデューサー 早川裕
美術 小川富美夫
録音 佐藤富士男
照明 海野義雄
スチール 目黒祐司
編集 川島章正
助監督 三輪誠之
主題曲 薬師丸ひろ子

キャスト

高橋亮子 薬師丸ひろ子
菅野萌子 桃井かおり
吉野喜一 近藤敦
吉野亜希子 高橋ひとみ
雲井雄介 清水紘治
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/15更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > レディ!レディ Ready! Lady(1989)