TOP > 映画作品を探す > 関の弥太っぺ(1959)

おなじみ長谷川伸の原作を、「かげろう絵図」の犬塚稔が脚色し、「お役者鮫」の加戸敏が監督した股旅もの。撮影も同じく「お役者鮫」の牧田行正が担当した。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

関の弥太郎は甲州街道鶴川宿で、一宿一飯の恩を受けた土地の顔役辰五郎に対する仁義から、辰五郎には邪魔者となった乾分徳造を斬った。義理の弟森介が駈けつけた時は、徳造は虫の息だった。徳造はかえって弥太郎を賞めて死んだ。弥太郎は吉野宿近くの旅篭で、女の子を連れた男に五十両を盗まれた。追い着いた弥太郎は、この男を連れ出した。男は斬りかかり、力余って自分の腹を突き刺した。娘はお小夜といい、和吉というこの男は、死んだ女房の縁につながる家へ娘を預けに行く途中だった。弥太郎は和吉の遺言通り、お小夜を沢井屋という旅篭へ連れて行った。弥太郎は吉野宿の外れで森介に出会った。森介は乾分にしてくれと頼んだが、断わられて斬りかかった。もちろん弥太郎の敵ではなかった。それから数年--弥太郎は下総の勢力富五郎のところへワラジを脱いだ。大前田英五郎の娘お駒に出会った。森介は富五郎の弟分の清滝の佐吉の身内になってい、相当の腕利きになっていると聞いた。弥太郎と森介は味方同士として飯岡一家と闘った。その夜、二人は対決した。が、お駒が姿を見せ、二人の決闘はやかて清滝・勢力両家の争いにまで及ぶから刀を引くようにと仲裁に入った。再会を約して別れた。弥太郎は勢力一家からワラジをはき、沢井屋へ向った。森介も清滝に盃を返し、沢井屋へ先廻りした。森介はお小夜の美しさに目を見はった。十年前の恩人が自分であるような顔をし執拗に迫った。弥太郎が現われた。二人はお小夜の前で十年来の勝負をつけることになった。二人は激しく斬り結んだ。お小夜が飛び出し森介をかばった。しかし、弥太郎の顔を見つめていたお小夜は、十年前の記憶がよみがえった。森介は非を悔いた。弥太郎は引止めるお小夜に、人違いだと言って吉野宿を後にした。あてもない旅路であった。

作品データ

製作年 1959年
製作国 日本
配給 大映
上映時間 82
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

製作 三浦信夫
企画 浅井昭三郎
原作 長谷川伸
脚色 犬塚稔
監督 加戸敏
撮影 牧田行正
音楽 鈴木静一
美術 神田孝一郎
照明 加藤博也
録音 林土太郎

キャスト

関の弥太郎 長谷川一夫
箱田の森介 勝新太郎
お小夜 中村玉緒
おすみ 三田登喜子
留三 島田竜三
おぬい 阿井美千子
お駒 中田康子
暦売りの与助 中田ダイマル
暦売りの喜七 中田ラケット
平手造酒 千葉敏郎
勢力富五郎 小堀阿吉雄
堺の和吉 本郷秀雄
お霜 浜世津子
おつた 緑美千代
沢井屋銀太郎 井沢一郎
原の徳造 田崎潤
沢井屋金兵衛 嵐三右衛門
仙兵衛 寺島雄作
押月の山吉 光岡龍三郎
飯岡助五郎 寺島貢
笹川繁造 原聖四郎
鹿島の延造 羅門光三郎
酌女お千代 近江輝子
おかね 金剛麗子
お小夜(幼女時代) 奥村敦子
中戸の百助 市川謹也
九郎兵衛 浅尾奥山
吉野宿の老爺 石原須磨男
乗合の客 天野一郎
新助 片岡半蔵
角力の大六 玉置一恵
田川の黒助 堀北幸夫
相撲場の若衆 横山文彦
小桜の新八 桜井勇
春都の三吉 春日清
清滝の佐吉 沖時男
苫居の半太郎 遠山金四郎
勘太 結城伸太郎
酌婦お雪 小柳圭子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/5更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > 関の弥太っぺ(1959)