映画-Movie Walker > 作品を探す > 蜘蛛の巣

ウィリアム・ギブソンの小説「蜘蛛の巣」をジョン・パクストン が脚色、「ブリガドーン」のヴィンセント・ミネリが監督、「重役室」のジョージ・フォルシイが撮影、「エデンの東」のレナード・ローゼンマンが音楽を担当した。主なる出演者は「あの高地を取れ」のリチャード・ウィドマーク、「百万長者と結婚する方法」のローレン・バコール、「女優ナナ」のシャルル・ボワイエ、「見知らぬ人でなく」のグロリア・グレアム、アメリカ映画史の初期を飾った女優リリアン・ギッシュ、新人、ジョン・カーなど。1955年作品。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

アメリカ中西部にある小さな精神病院キャスルーで図書室に新し い窓掛を備えることになった。この施設の長のスチュワート・マッカイヴァー博士(リチャード・ウィドマーク)は、病気の回復に役立たせるため、窓掛作りを患者にやらせようという事業重役のメッグ・フェイヴァーセン・ライハルト(ローオレン・バコール)の意見に賛成した。そして患者としてスティーヴン・W・ホルト(ジョン・カー)が選ばれた。マッカイヴァーの妻のカレンも、夫のためにその窓掛を作ろうとし、もう1人、長年この診療院の業務面の監督をしているヴィクトリア・インチも、経済的な理由から自分で窓掛を買って来ようと決心した。3人は窓掛というくもの巣を別々に織る織匠のような立場であった。しかもお互いにはそのことを知らなかった。診療院の医者のダグラス・N・デヴァナール(シャルル・ボワイエ)はカレンに窓掛にことよせいい寄ろうとし、マッカイヴァーはメッグを好きになっていった。マッカイヴァーはインチを説得して、スティーヴンに窓掛を作らせることを納得させた。デヴァナールはマッカイヴァーが診療院取締の実権を握っているのを憤り、患者が窓掛を作れというマッカイヴァーの命令を取り消した。スティーヴンはそれをきいて落胆し、診療院を逃げ出した。召集された重役会でマッカイヴァーは運営に関する自分自身の方法を論じた。デヴァナールは辞意を示した。マッカイヴァーはメッグの愛情をも解決した。立派な精神医というものはまず自分の家庭を円満にすべきなのだ。その夜、逃げたスティーヴが戻って来た。マッカイヴァーとカレン夫婦は1人の患者を家へ入れるのに無意識に努力を分かちあっていた。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 The Cobweb
製作年 1955年
製作国 アメリカ
配給 MGM日本支社
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 蜘蛛の巣