TOP > 上映中の映画作品を探す > 銀座旋風児

「南国土佐を後にして」の共同執筆者・川内康範の原作・脚本を「東京警部」の野口博志が監督した、小林旭のアクション・ドラマ。撮影も「東京警部」の永塚栄。

2/5
総評価数 2
レビュー 0
投票 2
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (1)
見たい映画に
登録した人
2

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

銀座の“旋風児”とは、二階堂卓也のことである。神出鬼没の行動のせいだろう。職業は装飾デザイナー。男らしくて、粋だそうだから、女どもが大騒ぎするという。卓也はボス王徳宝が大粒のダイヤを売りさばき、キャバレー“モナコ”の建築資金にしているのを知った。情報屋の政の報せで香港へ発った王の後を追った。香港で、王を狙撃しようとした明子という女と知り合う。彼女の父は戦時中、軍属だった王(実は堀田という日本人)中村、木原、丸山の一味にスパイだと無実の密告をされ、殺されたのだ。堀田は国民の強制献納品のダイヤを大量に奪って、外国人になりすまし銀座のボスになったという。卓也は明子を男装させ、羽田へ連れ戻った。彼は一味に対する挑戦広告を東都タイムズに載せた。モナコの奥の一室に、丸山を除く三人が集った。東タイの荒木は木原の娘久美子の婚約者だった。彼が話を聞こうとした時、木原は何者かに殺された。むろん、王一味の仕業である。彼らは更に荒木殺しを俵藤組に依頼した。が、荒木は卓也から真相を聞かされ、行方の知れぬ丸山を探しはじめた。生証人だ。卓也を好きなおでん屋お春の店の常連が、丸山だった。彼は王一味を脅迫しようとして、モナコの地下室に閉じこめられる。政の報せで、卓也はモナコへ乗りこんだが、地下道へ落しこまれた。--モナコが開店の夜、司会者になりすましていたのは、卓也だった。明子もバンドの一員に加っていた。彼女と丸山とをつきつけられ、王一味は一網打尽とあいなった。<数億円の貴金属、国民の手にもどる>と東タイが、卓也の活躍を報じた。彼の行きつけの喫茶店へ、女どもが押しかけた。が、テーブルに紙片れが一枚残っているきりだった。<風ノ如クマタカエリ来ム>それにはこう書いてあったという。

作品データ

原題 The Human Cyclone
製作年 1959年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 83
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

企画 茂木了次
原作 川内康範
脚色 川内康範
監督 野口博志
撮影 永塚一栄
音楽 小川寛興
美術 小池一美
照明 河野愛三
録音 高橋三郎
編集 辻井正則

キャスト

二階堂卓也 小林旭
村越明子 浅丘ルリ子
情報屋の政 宍戸錠
お春 渡辺美佐子
荒木浩司 青山恭二
木原久美子 稲垣美穂子
木原銀次郎 山田禅二
堀田剛造 芦田伸介
中村利策 伊藤寿章
マキ 白木マリ
丸山進之助 西村晃
ウスクダラの辰 高品格
今村善平 藤村有弘
菊千代 雨宮節子
由兵衛 河上信夫
勝子 福田トヨ
俵藤親分 天草四郎
由吉 長弘
ボーイ 志方稔
受付 紀原耕
アマンドのボーイ 荒木良平
貴金属店の主人 雪丘恵介
村沢彦次 弘松三郎
バーアルルの女給 木城ゆかり
女A 花柳礼奈
女B 柳田妙子
女C 加代あけみ
男A 菊田一郎
男B 今川英二
角ヤの女中 横田陽子
俵藤組の乾分A 黒田剛
俵藤組の乾分B 瀬山孝司
俵藤組の乾分C 水田島良治
女店員 月玲子
陣野笠太郎 小泉郁之助
運転手 柴田新
秘書 山口吉弘
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/25更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 銀座旋風児