映画-Movie Walker > 作品を探す > 海軍兵学校物語 あゝ江田島

菊村到の同名小説を映画化したもので、「薔薇の木にバラの花咲く」の舟橋和郎が脚色し、「代診日記」の村山三男が監督した。撮影は「私の選んだ人」の秋野友宏

3/5
[?]評価方法について
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 0% (0)
星4つ 0% (0)
星3つ 100% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

瀬戸内海の真只中、江田島の海軍兵学校は日本海軍揺籃の地であった。太平洋戦争も激烈をきわめて来た昭和十七年十二月、石川竜太郎は海軍兵学校に入学した。三年制の速成教育に移った兵学校では、最上級生を一号生徒、新入生を三号生徒と呼んで、一、二、三号各十五名ずつから成る編成を一分隊として、起居訓練を共にした。石川は二〇三分隊に編入され、兵学校生活が始まった。自習室に集められた石川ら二〇三分隊の新三号は、分隊伍長の佐田を中心とする一号生徒から激しい気合をかけられた。その時一人の三号生徒が猛烈に反抗した。村瀬真一だった。村瀬をなぐり倒したのは、気の荒い上級の小暮生徒だった。石川は村瀬と小暮にどこか魅かれるものを感じた。訓練は厳しかった。ちょっとでもたるむとすぐ気合をかけられた。石川と村瀬は親しく語った。村瀬は不幸な青年だった。母の再婚で家庭を失った時悪の道に踏み込んだ。しかし教師の導きで飜然と悟り、兵学校に入学したのだった。小暮生徒は村瀬を目の仇のようにしてきたえた。日曜日、村瀬と石川は兵学校の象徴として名高い古鷹山に登った。そこで二人は田口教官の妹、田口由美子を知った。或る日、気合を入れられている村瀬を助けたのは小暮生徒であった。小暮は中学で村瀬の先輩だった。しかも同じような境遇からこの兵学校に入って来たのだ。この日から村瀬は小暮を兄のように慕った。やがて佐田や小暮は卒業した。戦時のため、卒業記念の遠洋航海にも出ず、直ちに各任地へととび立った。戦争は益々激化した。アッツもラバウルもサイパンも失った。兵学校の訓練も激化した。石川は由美子にはほのかな思慕を覚えた。村瀬も由美子を愛していることを同時に知った。しかし死ぬことだけを教えられた彼らにどうすることが許されていたろう。空襲は日毎に激しくなった。そしてある日、敵機に爆撃されて沈んでゆく巡洋艦の姿を見て、村瀬はとび出して機銃にしがみついた。村瀬は兵学校の校庭で死んだ。昭和二十年、佐田は神風特攻隊に乗った。村瀬の死に慟哭した小暮は人間魚雷に乗った。兵学校を卒業した石川も特攻機の一員となった。十四年後、古鷹山を訪れたのは石川だった。平和な瀬戸の海の彼方に、石川は村瀬や小暮や佐田の姿を見たように思った。瀬戸の海はあくまで平和だった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 EtaJima,the Naval Academy
製作年 1959年
製作国 日本
上映時間 105
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 村山三男
製作 武田一義
原作 菊村到
脚色 舟橋和郎
企画 藤井浩明
撮影 秋野友宏
音楽 木下忠司
美術 高橋康一
録音 三枝康徐
照明 久保田行一

キャスト

石川竜太郎 小林勝彦
父作太郎 南部彰三
弟金次郎 桃山太郎
妹光子 矢島ひろ子
村瀬真一 野口啓二
義父民蔵 見明凡太朗
母きく 三宅邦子
義妹朝子 葉山葉子
河村校長 滝沢修
学校副官 伊東光一
加納教官 伊沢一郎
塚越教官 北原義郎
土屋教官 浜口喜博
田口教官 菅原謙二
妹由美子 仁木多鶴子
斎藤先生 根上淳
佐田分隊伍長 村上文二
小暮一号生徒 本郷功次郎
八木一号生徒 細川啓一
並木一号生徒 黒川清司
牧二号生徒 佐々木尚夫
高木三号生徒 渡辺鉄弥
芳賀三号生徒 三角八郎
片岡三号生徒 土方孝哉
井手三号生徒 日高渥
飯島三号生徒 渡辺鉄弥
週番生徒 石井竜一
ヤミ屋 小杉光史
車中の婦人 竹里光子
大学生 大川修
連れの女優 久保田紀子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 海軍兵学校物語 あゝ江田島