映画-Movie Walker > 作品を探す > 姫夜叉行状記

瑳峨三智子が二役で主演する娯楽時代劇。角田喜久雄の原作を「紅あざみ」の鈴木兵吾が脚色し、「忠臣蔵 暁の陣太鼓」の倉橋良介が監督した。撮影は「江戸遊民伝」の服部幹夫

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

江戸は浅草。お多加は料亭“伊勢松”に仕立物を届けに行ったが、屋敷づとめの女中春野と名のる女に連れ出され行方不明になった。お多加の許婚で御用聞きの長次郎は、“伊勢松”の内儀お蝶を問いただしたが、お蝶は何も知らぬと言った。春野に連れ出されたお多加は、自分と瓜二つの琴姫に引き会わされ、姫が事情あってしばらく邸を抜け出さねばならぬから、その間、代りをつとめてほしいと春野に言われた。長次郎は子分の勘太とお多加の行方を探し、春野の兄閑斎の邸についた。邸に忍びこんだ長次郎は、発見されてお梶という中臈の部屋に逃げこんだ。なぜか、お梶は家人らを欺いてかくまってくれた。長次郎は忍んだわけを話した。翌日、お梶は庭先を歩く姫の姿を長次郎に隙見させた。お多加だった。お多加はひそかに抜け出し長次郎と手をとり合ったが、二人は意外にもお梶の手の者に捕えられた。お多加は春野側からお梶の側に移されただけだった。琴姫として振舞うのは勿論、風間玄蕃という旗本と祝言するようにと脅迫された。お梶から聞かされた琴姫の身の上とは--松平家の先代九十郎の妾腹の娘で、九十郎が急死し、十三歳の欣之助が跡目を継いでいる。九十郎の奥方お京の方と家老の風間新八郎が後見役を勤めていたが、二人は人目を忍ぶ仲となった。祝言の相手玄蕃は、新八郎の兄だという--。長次郎の主筋に当る町方同心前田紋弥は、長次郎の消息がとだえたのと、九十郎の死に怪しげな嘘を聞いていたのを考え合せ、松平家下屋敷に忍び、土蔵に監禁されていた長次郎を救った。その時、土蔵の壁に爪で刻みつけられている九十郎の側用人多聞の書いた血文字を読んだ。新八郎が松平家乗取りを策し、玄蕃と図って九十郎を謀殺、それを知った多聞を監禁したのだった。琴姫はこれに気づき、真相をさぐるため、また許婚の多聞を探すため、お多加を身代りに邸をぬけ出したのだ。お多加は玄蕃の屋敷へ嫁がされた。玄蕃がお多加を抱いた。が、琴姫だった。琴姫は玄蕃を刺した。新八郎とお梶も倒された。長次郎とお多加、多聞と琴姫が結ばれるのも間近だ。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 1959年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 95
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 倉橋良介
製作 坂井禅互
原作 角田喜久雄
脚色 鈴木兵吾
撮影 服部幹夫
音楽 斎藤一郎
美術 桑野春英
編集 相良久
録音 川北武夫
照明 仙波正巳

キャスト

琴姫 瑳峨三智子
お多加 瑳峨三智子
長次郎 北上弥太朗
一乗寺閑斎 伴淳三郎
春野 山田五十鈴
相良多聞 松本錦四郎
前田紋弥 近衛十四郎
勘太 白木みのる
近江彦太夫 市川小太夫
風間玄蕃 西村晃
お梶 浦里はるみ
風間新八郎 名和宏
下村久兵衛 永田光男
お京の方 泉京子
お蝶 幾野道子
松平九十郎 田中敬介
松前屋善助 明石潮
お芳 高山裕子
伊勢松の番頭 中田耕二
風間家の侍 片岡市女蔵
風間家の侍 田中謙三
風間家の侍 河上健太郎
風間家の侍 西田智
風間家の侍 滝祐児
風間家の侍 中原伸
風間家の侍 宮武要
風間家の侍 春日昇
松平家の侍 生方功
松平家の侍 永井邦近
松平家の侍 南泰介
松平家の侍 大友富右衛門
松平家の侍 山内八郎
茶店のおやじ 玉島愛造
お松 佐乃美子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ターミネーター:ニュー・フェイト
ターミネーター:ニュー・フェイト

ジェームズ・キャメロンが製作を手掛け、『ターミネーター2』のその後の世界を描く

ひとよ
ひとよ

劇作家、桑原裕子率いる劇団KAKUTAの舞台劇を白石和彌監督&佐藤健主演で映画化

グレタ GRETA
グレタ

イザベル・ユペール×クロエ・グレース・モレッツ初共演でW主演を務めるスリラー

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 姫夜叉行状記