TOP > 上映中の映画作品を探す > 二連銃の鉄

川内康範の原作を、原作者自身と中西隆三が共同で脚色、「大阪の風」の阿部豊が監督した小林旭主演のアクションドラマ。撮影は「JA七五〇号機行方不明」の岩佐一泉

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

港町。密猟船北海丸の犬塚船長は、機関手を伴って射的屋のぞきだ。ラッコの密猟に鉄砲の名手が必要なのである。収穫があった。“二連銃の鉄”と恐れられている鉄太郎を救ってやったのだ。その日、鉄は五年ぶりに出獄したが、地廻りの仙吉に因縁をつけられ、ジャック・ナイフで負傷したのだ。鉄が犬塚にかつがれ手当てを受けたところは「花村」というあいまい屋。雇われマダム美也子は鉄の恋人だったヨシ子に瓜二つだった。--ヨシ子が仲間の健次に犯され、そして健次とヨシ子が結婚したという噂。翌日、鉄は姿を消した。鉄は馴染みの酒場のマダムから、美也子がヨシ子の妹だと聞いた。今は射的屋をやって堅気に暮している健次の口からも確かめられた。数日後、「花村」をたずねた鉄は、美也子が故郷の小島に帰ったと知らされた。店の女・文江とその愛人・五郎をかばって主人にたてついたためだった。鉄は、現われた犬塚に、小島に船を廻してほしいと頼んだ。北海丸の出航。金のため船蛸となった五郎も乗っていた。小島に降りた鉄は、ヨシ子が五年前に投身自殺したことを知った。禁猟区域、遊泳するラッコに、二連銃は火を吹いた。--上陸した鉄の身辺には、同じく密猟をしている青柳一味の復讐が待ちかまえていた。青柳は鉄の自白で獄に入ったのだ。一方、鉄は美也子から愛を打ち明けられてもいた。鉄は、美也子・五郎・文江の四人で東京へ行き、平和な暮しをしようと思った。が鉄は五郎を連れ出し駅に向わせると、自分は青柳一味とあい対した。健次が二連銃をもって駈けつけて来た。「ありがてえ!」鉄の二連銃は轟然と火を吐いた--。

作品データ

製作年 1959年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 85
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

キャスト

鉄太郎 小林旭
美也子 南田洋子
犬塚船長 二本柳寛
健次 岡田眞澄
小沢昭一
青柳船長 安部徹
五郎 沢本忠雄
京子 奈良岡朋子
花村 松本染升
射的屋の親爺 冬木京三
山田 宍戸錠
文江 堀恭子
君子 小園蓉子
女給A 須田喜久代
女給B 葵真木子
女給C 福田トヨ
女給D 久木登喜子
近藤 伊丹慶治
近藤宏
医師 大森義夫
仙吉 弘松三郎
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/29更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 二連銃の鉄