映画-Movie Walker > 作品を探す > 新吾十番勝負

朝日新聞連載中の川口松太郎の同名小説を、川口松太郎自身が脚色、「丹下左膳 怒濤篇」の松田定次が監督した娯楽時代劇。撮影は「忠臣蔵(1959)」の川崎新太郎

3/5
[?]評価方法について
総評価数 2
レビュー 0
投票 2
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (1)
星4つ 0% (0)
星3つ 0% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 100% (1)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

物ごころついた頃から武州大台ケ原の真崎道場にあって、梅井多門と真崎庄三郎にいつくしまれて育った新吾は、近所の娘お縫に云いよる黒田藩の武士五人を斬り、黒田藩に出頭を命じられた。そこで新吾は多門から自分の出生の秘密を聞かされた。彼は紀州五十五万石の三男頼方公の子だったのだ。--十数年前、頼方は試し斬りで町人越前屋半六を刀にかけた。半六の娘お長と、彼女と末を誓った番頭庄三郎は、頼方の仇と狙ったが、かえってお長は頼方公と結ばれ、美女丸という子を生んだ。失意の庄三郎は多門にひろわれ、復讐のため剣の教えをうけ武士となった。頼方は間もなく紀州本家を相続して吉宗となり、お長はお鯉の方となった。庄三郎はお長いとしさのあまり美女丸を盗み出した。それが今の新吾なのだ。彼が将軍家の子と知った黒田藩の態度は一変した。やがて庄三郎の命で大奥奉公にあがったお縫を通じて、吉宗が父子対面をしたがっているのが知らされ、お墨つきと葵新吾という名が彼に与えられた。しかし新吾と庄三郎は黒田藩を出て安藤対馬守のもとに身をよせ、新吾はそこで綾姫、雪姫、勝姫という美しい三人娘を知った。対面のせまった新吾を、幕府の裏面で策謀をたくらむ老中河内守の一味が襲った。そして一味は対馬守を島流しにし、その邸を焼討ちにした。怒った新吾は単身河内守の駕籠を襲ってこれを斬ってすてた。老中を斬ったからには、いかに将軍の子とはいえ新吾と吉宗の対面は延期された。だが、新吾の行く手には大きな自由がある。彼は父からのお墨つきをひらいてみた。そこには「葵新吾、この者諸国通行勝手たるべし、吉宗花押」とあった。お縫の顔がそれを見てほころんだ。庄三郎のはげましと、多門のいましめの言葉をうけて、新吾は新しい運命に向って出発する。

見たい映画に
登録した人
2

作品データ

原題 Ten Duels of Young Shingo -Part1
製作年 1959年
製作国 日本
上映時間 97
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

キャスト

松平頼方 大川橋蔵
葵新吾 大川橋蔵
真崎庄三郎 岡田英次
お鯉の方 長谷川裕見子
お長 長谷川裕見子
お縫 桜町弘子
梅井多門 山形勲
武田一真 月形龍之介
安藤対馬守 大河内傳次郎
綾姫 佐久間良子
雪姫 花園ひろみ
勝姫 三原有美子
井上河内守 薄田研二
井出市右衛門 徳大寺伸
黒田綱政 三島雅夫
黒田美作 上代悠司
黒田史郎 月形哲之介
泉川三五郎 国一太郎
宮田栄介 中野文男
俊太 堺駿二
平太 渡辺篤
嘉平 杉狂児
宮野辺貢 原健策
田部源蔵 小柴幹治
真崎備前守 高松錦之助
越前屋半六 明石潮
本多上総介 香川良介
滝の尾 八汐路佳子
徳川吉宗 大友柳太朗
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 新吾十番勝負