映画-Movie Walker > 作品を探す > たつまき奉行

小説倶楽部連載の陣出達朗原作の同名小説を「あばれ大名」の鈴木兵吾が脚色し、「鞍馬天狗」のマキノ雅弘が監督した娯楽時代劇。撮影も「鞍馬天狗」の三木滋人が担当。

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

遠山の金さんこと、北町奉行遠山金四郎の所へ親友佐渡奉行藤堂佐渡守が来た。用件は佐渡金三百貫を輸送中、大竜巻のため御用船佐渡丸が行方不明になったことだ。町人姿の金さんは佐渡に出発した。同じ事件を究明するため南町奉行の与力渡会三四郎、それに佐渡に行って消息不明になった与力手塚久兵衛の娘で、三四郎の恋人美鈴も佐渡へ向った。佐渡に着いた金さんは、佐渡丸の遺族の面倒をみている、島の酒造家杉戸平右衛門と支配組頭郡源太夫の二人に目をつけた。杉戸屋のやっている飲み屋に、美鈴が住込み情報を集めた。同じ店のお半は金さんに惚れこんだ。その頃、佐渡丸の生残りの一人伊之吉が帰って来たという噂が立った。拾い屋の屑安がドブ川で一両小判を拾った。その小判には“テヅカ”と刻んであった。その屑安を物陰からみている杉戸屋を、金さんと美鈴は知っていた。金さんは佐渡守に、佐渡丸事件は杉戸屋実は名うての海賊と、源太夫の仕組んだ芝居だといった。源太夫に化けて牢に入った金さんに、佐渡守が来て明日の暮六つに助けてやるといった。明け六つ、それは金さんが廃坑内に閉じ込められている、美鈴の父を救出すると佐渡守にいった時刻だ。金山祭りの唄声がこだまするうち、佐渡守の合図で鉱夫頭の虎鮫が導火線に火をつけた。その時、金さんを初めとする、三四郎虎鮫こと北町奉行与力鮫島重蔵らの捕物陣が、佐渡守を包囲した。事件の張本人は佐渡守であった。金さん一行を乗せた船が出る。船が出る寸前、金さんの跡をしたうお半が飛び乗った。舟は帆を上げて、まっしぐらに沖に出ていった。

見たい映画に
登録した人
1

作品データ

原題 Vanished Gold Case
製作年 1959年
製作国 日本
上映時間 95
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

キャスト

遠山金四郎 片岡千恵蔵
お半 喜多川千鶴
藤堂佐渡守 山村聡
郡源太夫 加賀邦男
杉戸屋平右衛門 月形龍之介
榊原越前守 柳永二郎
虎鮫 進藤英太郎
手塚久兵衛 明石潮
美鈴 佐久間良子
屑安 多々良純
お千代 千原しのぶ
伊之吉 片岡栄二郎
村井甚五右衛門 加藤浩
てい 八汐路佳子
梅次 阿部九洲男
お新 吉野登洋子
木賃宿の亭主 尾上華丈
渡会三四郎 東千代之介
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > たつまき奉行