TOP > 上映中の映画作品を探す > 丹下左膳 怒濤篇

中山文夫林不忘の原作にもとづいて書いた脚本を、「隠密七生記(1958)」の松田定次が監督したご存知丹下左膳の一篇。撮影は「柳生旅ごよみ 女難一刀流」の吉田貞次、音楽は「隠密七生記(1958)」の深井史郎。前篇にひきつづき大友柳太朗が左膳を演ずる他、大川橋蔵長谷川裕見子松島トモ子らが出演。

3/5
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
1

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

その昔、大海賊張鬼竜が隠した財宝のありかを示す金竜・銀竜の香炉のうちの一つ、金竜がそれを知らぬ将軍の手から柳生家に下しおかれた。大岡越前守と、その与力で、越前の娘弥生に心をよせられる伊吹大作は、隠密愚楽老人の報せによりこれを知り、鼓の与吉を使って香炉の奪取を計った。計画は成功したが、豊臣残党鈴川源十郎や、長崎屋重兵衛の一味に、与吉は襲撃された。逃れた与吉は丹下左膳や櫛巻お藤の住むとんがり長屋にとびこみ、左膳の可愛がるチョビ安に香炉をあずけた。同じ長屋に住む蒲生泰軒は、親友越前守と協力し、大作を鳶職に仕立てて長屋に入れ、香炉を狙う一味を探ることにした。長屋の孝行娘お艶を悪女衒の手から救った大作は、彼女に心ひかれた。香炉に百両の価値があると聞いた左膳は、長屋の人々のためにこれを金にかえようとしたが、怪しい一味の者にチョビ安とお藤をさらわれ、香炉まで失った。悲歎にくれる左膳と泰軒を見て、大作は作業員に化けて、怪しい一味の本拠をつきとめた。そして、金竜と、彼らのもっていた銀竜を合せて、財宝さがしに出る前に、チョビ安、お藤を血祭にあげようとしている一味の前に単身とび出した。たちまち白刃の嵐がまきおこる。そして大作が危うくなった時、左膳がかけつけた。左膳の愛刀濡れ燕が悪人一味を相手にあれ狂った。捕方と長屋の人々をつれて、かけつけてきた越前守の到着で、事件は総て落着した。翌日、二つの香炉をもって平伏する越前守ほか一同に、将軍は、泰平の世に悪の根元となる宝は要らぬといい、総てを泰軒に一任した。お艶と結ばれた大作をあとに、左膳、泰軒をはじめとする長屋の人々は、財宝を求めて船の旅に出た。風を一ぱいに帆にうけて、竜神丸は一同の喜びと希望をのせて、大海原に波頭をけたてて出発する。

作品データ

原題 Secret of the Bronze Dragon
製作年 1959年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 81
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

キャスト

丹下左膳 大友柳太朗
お藤 長谷川裕見子
チョビ安 松島トモ子
お艶 桜町弘子
弥生 大川恵子
鼓の与吉 多々良純
徳川吉宗 里見浩太朗
愚楽老人 薄田研二
大岡越前守 月形龍之介
蒲生泰軒 大河内傳次郎
安藤上総介 宇佐美淳也
長崎屋重兵衛 三島雅夫
鈴川源十郎 山形勲
速見左兵衛 神田隆
太田孫九郎 上代悠司
新助 小柴幹治
源三 富田仲次郎
作爺 左卜全
お美代 東山日出子
半助 二代目澤村宗之助
三吉 杉狂児
おくら 赤木春恵
おとら 東龍子
伊吹大作 大川橋蔵
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/21更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 丹下左膳 怒濤篇