映画-Movie Walker > 作品を探す > 大東亜戦争と国際裁判

「重臣と青年将校 陸海軍流血史」につづく新東宝のお家芸“戦争もの”の第四作。「悪魔と天使の季節」の共同執筆者館岡謙之助の脚本を、「薔薇と女拳銃王」の小森白が監督、「ソ連脱出 女軍医と偽狂人」の岡戸嘉外が撮影した。音楽は「人形佐七捕物帖 腰元刺青死美人」の小沢秀雄。「侠艶小判鮫 (前後篇)」の嵐寛寿郎をはじめ、高田稔・細川俊夫・坂東好太郎・高倉みゆき・小畑絹子・北沢典子ら大挙出演。

3/5
[?]評価方法について
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 0% (0)
星4つ 0% (0)
星3つ 100% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

一九四一年、幾多の折衝にもかかわらず十二月七日、日本は対米国交断絶の最後通牒をワシントンの日本大使館に送ることになった。そして野村、来栖両大使がその書類をもって大使館を出るころ真珠湾に奇襲攻撃が加えられた。華々しい緒戦の勝利。だがミッドウェー、ガダルカナルの敗戦を境に、日本は敗北の一途をたどり、一九四五年七月ポツダム宣言の発表につづく広島・長崎への原爆投下によって八月十五日、敗戦を決定した。三十日には厚木にマッカーサー元帥が進駐、九月二日ミズーリ号で降伏文書の調印が行われた。つづいて戦犯として東条英機が逮捕され、近衛文麿は自殺した。戦犯摘発は容赦なく進み、各国の検察団も続々入京した。一方、戦犯となった被告を弁護すべく日本人弁護人団が結成された。A級被告は二十八人。そして二十一年五月三日、国際軍事裁判の幕が切って落された。インド、オランダ、カナダ、イギリス、アメリカ、豪州、中国、ソ連、フランス、ニュージーランド、フィリピンの順で判事が着席、裁判長ウェッブ判事が開廷宣言文を読み上げた。静かな被告席の中にあって大川周明だけが落着かず、東条の頭を手で打つ一幕もあった。裁判は起訴状の朗読につづき罪状認否に入ったが、被告全員は無罪を申立て早くも波乱を呼んだ。清瀬弁護人が立上り国際裁判の管轄に対する動議を提出したが、首席検事キーナンは「この裁判は世界の平和と安全のために正義の正しき執行である」と述べ激しく対立した。裁判は、その後十ヵ月にわたる検察側の、日本の侵略行為に関する立証につづいて二十二年二月から被告の抗弁に入った。清瀬弁護人は、この戦争が日本の生存のために万止むを得ず自衛権を行使したことを説明、その証拠として開戦前夜の世界情勢と日米和平交渉の真相を明るみに出した。しかし、二十三年十一月十二日、運命の日は来り、東条ら七人の絞首刑を初めとして各被告に判決が下された。米国最高裁に提出された訴願も却下され、十二月二十三日、花山師と最後の言葉を交した被告たちは絞首台上へと登っていった。

見たい映画に
登録した人
2

作品データ

原題 The Pacific War and the International Military Tribunal
製作年 1959年
製作国 日本
配給 新東宝
上映時間 104
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 小森白
製作 山梨稔
製作総指揮 大蔵貢
脚本 館岡謙之助
企画 伊藤基彦竹中美弘
撮影 岡戸嘉外
音楽 小沢秀雄
美術 鳥居塚誠一
録音 中井喜八郎
照明 関川次郎

キャスト

近衛総理 高田稔
山本大将 竜崎一郎
東条総理 嵐寛寿郎
東郷外相 林寛
及川大将 若宮隆二
嶋田大将 九重京司
杉山大将 松下猛夫
来栖大使 細川俊夫
野村大使 近衛敏明
岡田先任参謀 高松政雄
米内大将 坂東好太郎
山下中将 小林重四郎
伊藤中将 舟橋元
吉田茂 奥野竹松
鈴木総理 武田正憲
阿南陸相 岡譲二
重光葵 堀内貞男
梅津大将 山田長正
広田弘毅 清水将夫
清瀬弁護人 佐々木孝丸
林弁護人 沼田曜一
島津弁護人 江川宇禮雄
東条夫人 高杉早苗
東条君枝(長女) 小畑絹子
東条満喜枝(次女) 栗山みどり
近衛夫人 若杉嘉津子
近衛次男 和田桂之助
広田夫人 徳大寺君枝
広田令嬢姉 宮田文子
広田令嬢妹 北沢典子
戸栗郁子(東京ローズ) 高倉みゆき
マッカーサー大将 A・H・ヒューズ
首席検事T・Bキーナン エド・P・マクダモット
東条家の護衛畠山 鮎川浩
神風特攻隊基地司令飛行長 天城竜太郎
特攻隊山田中尉 小高まさる
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 大東亜戦争と国際裁判