TOP > 上映中の映画作品を探す > ドジを踏むな

樫原一郎の昭和刑事物語『恐喝』よりの映画化で、「花嫁三重奏」の若尾徳平が脚色、「昭和刑事物語 俺にまかせろ」の日高繁明が監督したアクション・ドラマ。撮影も「昭和刑事物語 俺にまかせろ」の小泉福造。「ロマンス祭」の小泉博有島一郎に、「奴が殺人者だ」の中田康子などが出演している。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
1

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

新任の佐渡ケ島勘兵衛刑事は古風なその名前とは似ても似つかぬ美青年。ある日、先輩の布目刑事の命令で、沢井という家に行った。沢井の息子・努の愛犬ペスが何者かに空気銃で射殺されたというのである。勘兵衛は目撃者である酒屋の店員・新助から一応の話を聞き、さらに努の姉圭子と逢ったが、なぜか彼女の態度は冷たかった。勘兵衛はその足で沢井の事務所を訪れた。金融業の看板をかけている沢井は一瞬ギクリとしたが、勘兵衛が帰った後、そこには赤新聞の社長芝川と鉄砲昌というヤクザが現れた。芝川は密輸の首謀者で沢井の金に目をつけ彼を探っていたのだ。犬殺しは単なる誰かのいたずらか?雲をつかむような気持の勘兵衛は飲屋おとめで布目刑事と話すうち、そこへ入ってきたマリという歌手を知った。彼女は相愛の男を朋輩に奪われ自棄になっていた。酔ったマリは勘兵衛を連れバー・エトワールへ行った。そこには鉄砲昌らヤクザ連中がマダム・ミキと飲んでいた。ミキは芝川の情婦で彼の差し金によりマリと相愛の沢井を色仕掛けで仲間に引きずりこんだ女である。女性二人の間にさっと険悪な空気が流れ、勘兵衛はミキをかばうヤクザたちを見事のしたが、そこへ入ってきた山健という与太者に遮ぎられ表へ出た。その後へ芝川が現れ、昼間刑事が沢井家に現れ、鉄砲昌が射った犬のことを調べにきたとヤクザたちに話した。不安に駆られた昌は翌日、沢井家の庭へ証拠になる弾丸を探しに出かけたが女中に発見され、それを勘兵衛に報告された。しかも努が弾丸を発見し、それが去年、葛飾にあった殺人の弾丸と同じものと分った。やっと事件の目鼻をつけた勘兵衛は単身、芝川一味のもとへ乗込んだ。折しも芝川は莫大な金を巻上げようと沢井父子を誘拐し、密輸の頭目の前へ連れ出していた。現場に到着した勘兵衛は芝川一味と対決したが周囲から迫る敵に危地に陥った。が、このとき突然、勘兵衛を助けたのは山健で彼は当局が潜入させていた刑事だった。勘兵衛らは遂に一味を捕えた。沢井家にも明るさが甦り、マリと沢井の結婚も決った。

作品データ

製作年 1958年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 67
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

製作 宇佐美仁
原作 樫原一郎
脚色 若尾徳平
監督 日高繁明
撮影 小泉福造
音楽 池野茂
美術 安倍輝明
照明 大沼正喜
録音 藤縄正一

キャスト

佐渡ケ島勘兵衛 小泉博
布目刑事 有島一郎
沢井清二郎 若原雅夫
沢井圭子 姿圭子
沢井努 小柳徹
芝川常吉 田島義文
鉄砲昌こと邸漢昌 山本廉
人斬り信三こと赤壁信三 桐野洋雄
フックのジョーこと権永杖 万谷好夫
とみ子 野口ふみえ
新作 加藤春哉
マリ 中田康子
ミキ 園田あゆみ
やす子 千石規子
月田警部 岡部正
署長 笈川武夫
三上 藤木悠
山健 高木弘
警察学校の校長 清水一郎
永和公司社長 大友伸
鑑識課技師 瀬良明
沢井の秘書 若林映子
宮川 渋谷英男
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/23更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > ドジを踏むな