TOP > 上映中の映画作品を探す > 銀座の沙漠

銀座の地下に造られた人工沙漠を背景に、欲にからんだ人間たちを描こうという、オール読物所載・柴田錬三郎原作小説の映画化。脚色は「国定忠治(1958)」の高岩肇、監督は「運河」の阿部豊、撮影は「東京は恋人」の岩佐一泉。「俺は情婦を殺す」の長門裕之、「運河」の南田洋子、「知と愛の出発」の芦川いづみのほか、水島道太郎大坂志郎白木マリ金子信雄柳永二郎などが出演している。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

キャバレー・モンテクリストは、銀座で不気味な店として知られていた。ここで大暴れをしたチンピラ繁田三郎は、その度胸を支配人の庄司と、妖艶な女梨花に見込まれて、ボーイとして働くようになった。ある日、三郎は庄司から不思議な場所を見せられた。それは麻薬中毒者のうごめく人工沙漠であった。それ以来三郎は兄貴株になった。三郎は喫茶店オアシスで、そこに働くおとなしい礼子という娘に知合った。そこには、昔三郎が世話になった聖人というオッチャンもいた。礼子と三郎が遊園地にいった時、同じキャバレーに働く無口な山内が、妻の由美や子供と陽気にはしゃいでいるのをみた。その頃、庄司は配下を集めて何かを命令していた。その中の一人望月は庄司に楯ついた。数日後、三郎は梨花に彼女の体を代償に庄司の行動を探ることを頼まれた。三郎は礼子と競輪場で、山内が望月を殺すところを目撃した。山内は庄司の命令で働く殺し屋だった。山内は庄司に礼金を要求したが、逆に健に山内を殺せと命じた。庄司は山内と由美を例の沙漠に閉じこめた。健はわずかの隙に、山内と由美を助けてやった。誰一人姿を見たことのないボスは、いつも電話で指令して来た。ボスが香港に高飛びすると、庄司たちは、悪の利権争いに熱中した。庄司はボスの息のかかった梨花を殺し、犯人を三郎にしようとしたが失敗した。次々に起る怪事件に三郎は立上った。そして、三郎を狙っているのは庄司であることがわかった。礼子を囮に使って、庄司はおびき出され、二人は沙漠の密室に閉込められた。その時、聖人があらわれた。自分の娘礼子を救うために。彼こそは香港に逃げた筈のボスであった。庄司の拳銃にボスは倒れ、健と礼子の命が危くなった時、山内が現われ庄司を倒した。九死に一生を得た健と礼子は山内に礼をいおうとしたが、山内は借りを返したぜといって、警察にひかれていった。

作品データ

原題 Wasteland of the Metropolis
製作年 1958年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 91
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

企画 大塚和
原作 柴田錬三郎
脚色 高岩肇
監督 阿部豊
撮影 岩佐一泉
音楽 河辺公一
美術 坂口武玄
照明 藤林甲
録音 神谷正和
編集 辻井正則

キャスト

繁田三郎 長門裕之
楠梨花 南田洋子
加納礼子 芦川いづみ
山内 小高雄二
由美 白木マリ
聖人 柳永二郎
庄司 金子信雄
守住 水島道太郎
丸角 大坂志郎
望月 弘松三郎
男爵 西村晃
深田 佐野浅夫
深江章喜
小森巡査 大森義夫
刑事 伊藤寿章
刑事 木島一郎
記者 神山勝
記者 小柴隆
記者 八代康一
アヴェックの男 川村昌之
アヴェックの女 角田真喜子
殺される男 二階堂郁夫
乾分 水木京一
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/21更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 銀座の沙漠