TOP > 上映中の映画作品を探す > 人肌孔雀

山本富士子が男装し、唄うという娯楽時代劇で、「天竜しぶき笠」を共同で執筆した松村正温のオルジナル・シナリオを、「七番目の密使」の森一生が監督した。撮影は「怪猫呪いの壁」の相坂操一。出演は「渇き」の山本富士子を筆頭に、「女狐風呂」の市川雷蔵、「白蛇小町」の梅若正二、その他近藤美恵子河津清三郎堺駿二三田登喜子ら。色彩は大映カラー(イーストマンカラー)。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
2

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

--“鍵屋七回忌供養、流れ星”と記されてあった。箱根に泊った勘定奉行土岐安房守・豪商越前屋重兵衛・両国屋嘉七らの部屋で発見された髑髏の口にはさんであった紙には。同宿には、鷹司関白家の近習京極若狭之介と、旗本浪人奈須新八郎とその供下っ引の三六の三人がいた。が、犯人は判らぬ。江戸で、鳥長屋の薬売り・甚兵衛老人が安房守一味の用心棒諸岡弥十郎に斬られた。娘のみよに謎めいたことをつぶやくと死んだ。それを聞くと、旅から帰った新八郎の眼が光った。--越前屋は若狭之介に取りいり、朝廷御用承りの許可を得た。それを利用し、安房守一味は米買占め・密貿易をはかるつもりだ。若狭之介のあとを尾けていた怪盗流れ星の宗吉にいどんだ新八郎は、彼の残した煙草入れから、彼が七年前没落した鍵屋ゆかりの者とにらんだ。叔父の目付役源左衛門に、彼は鍵屋事件の再調査を願い出た。--両国屋は越前屋に禁裡御用許可をだし抜かれ、激怒した。安房守一味に“秘密をバラす”と口走った。その席にいた芸者染香は若狭之介によく似た女だった。その夜両国屋は弥十郎に殺された。染香--つまり若狭之介--すなわち鍵屋の遺児おしのが手を下す前に。深川の八卦見に、染香は素姓を指摘され、やにわに斬りかかった。のち、大川端の屋形船へこの浪人--新八郎に呼ばれた。彼は宗吉(かつての鍵屋の丁稚)が盗みだした越前屋と安房守の秘密の手紙を彼女に渡した。彼と彼女と宗吉は協力することになった。--安房守一味は若狭之介・染香・おしののつながりに気づき、あばこうとした。一度は切り抜けたが、鍵屋ゆかりの甚兵衛老人の娘おみよがさらわれ、それを救いに品川へ行き、罠にかかった。安房守一味の白刃にかこまれた。すでに越前屋は弥十郎の手で殺され、仇は残る一人だというのに。そのとき、新八郎が叔父の目付役の名代として現れた。安房守の罪状は明白だった。--若狭之介はもとのおしのに戻った。むろん、そのそばに新八郎がいた。

作品データ

原題 The Swishing Sword
製作年 1958年
製作国 日本
上映時間 99
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

製作 酒井箴
企画 浅井昭三郎
脚本 松村正温
監督 森一生
撮影 相坂操一
音楽 齋藤一郎
美術 内藤昭
照明 伊藤貞一
録音 大谷巌
編集 宮田味津三

キャスト

おしの 山本富士子
奈須新八郎 市川雷蔵
流れ星の宗吉 梅若正二
お銀 近藤美恵子
おみよ 三田登喜子
関白鷹司卿 島田竜三
駕かき仙太 月田昌也
下ッ引三六 堺駿二
山上左内 伊沢一郎
跡部源左衛門 小川虎之助
越前屋重兵衛 二代目澤村宗之助
諸岡弥十郎 石黒達也
土岐安房守 河津清三郎
芸者菊次 浜世津子
おしま(老松の女将) 朝雲照代
両国屋嘉七 東良之助
甚兵衛 南部彰三
遊び人勘助 水原浩一
阿部豊後守 原聖四郎
駕かき仙太 宮坊太郎
立見主水 志摩靖彦
越前屋手代忠吉 横山文彦
「蔦屋」の番頭茂吉 芝田総二
寺小姓 菊野昌代士
浄念院門番 大杉潤
宿場役人藤木 安田祥郎
人足土平 遠山金四郎
弥十郎の門弟 春日清
弥十郎の門弟 桜井勇
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/29更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 人肌孔雀