映画-Movie Walker > 作品を探す > クーパーの花婿物語

「砂漠の鬼将軍」のナナリー・ジョンソンが脚色を兼ねて1944年に製作した。原作はフロイド・デルトーマス・ミッチェル「真昼の決闘」共作の舞台劇で「誰が為に鐘は鳴る」の故サム・ウッドの監督になる。撮影は「流刑の大陸」のジョン・サイツ、音楽は「東は東」のアーサー・ランジ。「外套と短剣」のゲイリー・クーパーと「生きるためのもの」のテレサ・ライトが主演し、以下「戦うロビンフッド」のアニタ・ルイズ、「三銃士(1948)」のフランク・モーガンパトリシア・コリンジ、エドモンド・ブレオンなどが助演する。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 0% (0)
星4つ 100% (1)
星3つ 0% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

美貌の令嬢マッジ・フェリス(アニタ・ルイズ)の婚約者カサノヴァ・ブラウン(ゲイリー・クーパー)は内気な学者肌の青年であるが、結婚式の練習中突然姿を消した。彼には以前、イサベル(テレサ・ライト)という恋人がいたのだ。彼女の家族は2人の結婚に反対だったので、彼は彼女の両親に会いにいったのだが、彼の喫いさしの煙草から火事になりイサベルの家は全焼してしまった。結婚話はそんな大失策をした彼がイサベルを諦めることでケリがついていた。マッジから姿を消したのはシカゴの産院から手紙がきたためで病院に行って彼は身体検査をされたが、それはイサベルの生んだ子供を養子に出すために必要なことだったのである。自分の子供が生まれたことをはじめて知った彼は実習生に変装して赤ん坊を盗み、シカゴのホテルに隠れた。しかし何時かは露見して子供を取り戻されると思って、彼は女中のモニカと結婚しようとしたが、彼を探し求めてイサベルもマッジも父親と一緒にホテルにやって来た。カサノヴァは子供を抱いてホテルの中を逃げまわった。きっとここにいるだろうと思ってきたイサベルは子供に会うこともできず悲しみの涙にくれていた時、隣の部屋から赤ん坊の泣き声が聞こえた。はっとして部屋に飛び込むと、彼女の赤ん坊と、抱いているカサノヴァがいた。うれし涙でイサベルは彼に抱きついた。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 Casanova Brown
製作年 1944年
製作国 アメリカ
配給 映配
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > クーパーの花婿物語