薔薇と女拳銃王|MOVIE WALKER PRESS
MENU

薔薇と女拳銃王

1958年7月6日公開,77分
  • 上映館を探す

岡戸利秋の脚本を、「太陽娘と社長族」の小森白が監督、「勝利者の復讐」の岡戸嘉外が撮影した女性活劇。主演は「勝利者の復讐」の小畑絹子、「女体棧橋」の筑紫あけみ、「天城心中 天国に結ぶ恋」の新人高橋伸に、丹波哲郎。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

道代は満洲から、娘の真理と一緒に引揚げて来た。その彼女は夫の兄にあたる義一に抱かれた。道代は、義一と、彼の友人五十嵐剛造の協力でキャバレー「ミューズ」を開店した。が、ある夜義一が何者かに殺された。昏倒した道代を、剛造は自分の部屋に運び薬入りのウィスキーを飲ませた。そして彼は野獣となった。道代は拳銃自殺でこの世を去った。--それから十年の歳月が流れた。真理は母の復讐を決意、単身東京へ向った。「ミューズ」の支配人吾郎にとり入り、そこで働くことになった。真理の艶姿は客の注視の的となり、彼女は「ミューズ」の女王的存在にのし上った。真理は、ある日剛造の家を訪ねた。だが、応接に出てきた剛造の息子、正の素直な態度は、剛造への憎しみを忘れさせるほどだった。彼女は、剛造の箱根の行きの甘言をききいれ、一方、吾郎にも箱根行きをねだった。二人の鉢合せを狙い、二人の仲たがいから証拠をつかむ計略なのだ。計画は成功、二人は対立、吾郎は大金を持出し、真理と高飛びを企てた。寸前、吾郎は剛造の拳銃に倒れた。真理は道代の遺児であることが露顕、密室に監禁された。剛造から麻薬を注射されようとした瞬間、真理はスカートをめくり、母の遺品のコルトを取り出し注射器を射った。凄絶な乱闘。間もなく、正の急報で警官隊が駈けつけ剛造らは検挙された。数日後、真理と正は道代の墓にひざまずいていた。

作品データ

製作年
1958年
製作国
日本
上映時間
77分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?