TOP > 上映中の映画作品を探す > 新選組(1958)

「不敵なる反抗」の高岩肇のオリジナル・シナリオを、「直八子供旅」の佐々木康が監督、「花笠若衆」の三木滋人が撮影するお馴染みの新選組ものだが、今回は鞍馬天狗が登場する趣向が目新しい。出演は「奴の拳銃は地獄だぜ」の片岡千恵蔵、「鴬城の花嫁」の大友柳太朗、「唄祭り三人旅」の東千代之介、「浪人八景」の長谷川裕見子、「伊那の勘太郎」の千原しのぶ等の豪華キャスト。色彩は東映カラー。

2/5
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (0)
星2つ 0% (1)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

--新選組の横川ら三人が、見世物一座の勘兵衛を、理由なく斬り殺して逃げた。会津の小鉄はそれを新選組の道場に怒鳴りこんで、近藤勇の知遇を得るようになった。横川らは近藤勇と対立する関副長の部下であり、関の助けで道場を逃げだしたが、沖田総司らに追われ、山中で捕った。そのとき、沖田の危いところを助けたのは、杉作を連れた鞍馬天狗だった。横川には商家から金をゆすった事実があり、それがどうやら関の命令でやったらしいのだ。何に使う金か。--月形半平太は祇園で鞍馬天狗と維新のことを協議する。その帰り、半平太は雛菊に送られて、“月さま、雨が”“春雨じゃ、濡れて行こう”--近藤勇は関の手下に夜道を襲われた。勇は関の仕業と知っても黙っていた。関は穣夷派と通じ、挙句は新選組を脱退して行く。その別離の宴で土方は彼を斬ろうとするが、近藤は止めた。近藤が静養に行った留守、土方は討幕派の浪士に対してテロに移った。が、その都度、鞍馬天狗が風の如く現れ、浪士を救った。近藤勇は静養先で半平太と知り合う。土方らは鞍馬天狗のかくれ家を襲い、杉作を捕えた。それを、救いにきた天狗を隣室にいた近藤は見逃す。人一人を斬ったところで何になろう。--小鉄は死んだ勘兵衛の娘お春を助けて、商売を続けさせていた。関らが長州の者と結び、祇園祭を期して京都に火を放ち、クーデターを行おうとしている(関はこれで金が必要だったのだ)のを、偶然のことで小鉄は知った。彼らに気づかれ、崖に追いつめられた。傷つきながらも彼は新選組の陣屋にたどりつき、そのことを知らせる。当日、新選組は池田屋を襲い、関らを全部倒す。その報せに天狗は薩摩へ発ったが、月形は近藤と対決した。二人は刀を抜き合う。が、邪魔がはいった。--新選組が長州征伐へ発つ夜、陣屋に月形が訪ねてきた。近藤を説得にやってきたのだ。が、もの別れとなる。近藤を関が銃で狙ったが、心ならずも関の方についていた藤堂が身代りに撃たれ死んだ。近藤らは大阪へ向って発った。行手には討幕の令を受けた、鞍馬天狗を先頭にする薩摩軍がいた。小鉄は彼に従おうとしたが、いさめられ、お春を助けて江戸へ向った。

作品データ

原題 Shinsengumi
製作年 1958年
製作国 日本
上映時間 94
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

キャスト

近藤勇 片岡千恵蔵
土方歳三 山形勲
沖田総司 片岡栄二郎
藤堂平助 徳大寺伸
原田左之助 仁礼功太郎
永倉新八 津村礼司
斎藤一 加藤浩
山崎丞 原健策
井上源三郎 月形哲之介
松原忠司 小田部通麿
谷三十郎 上代悠司
関兵庫 月形龍之介
横川勝之助 清川荘司
塚口雄之進 楠本健二
久保寺十蔵 時田一男
杉作 大沢浩幸
乃美織江 瀬川路三郎
福原越後 柳永二郎
桂小五郎 沢田清
益田左衛門介 堀正夫
久坂玄瑞 尾上華丈
吉田稔麿 加賀邦男
杉山松助 藤木錦之助
島又兵衛 立松晃
古高俊太郎 河野秋武
松田重助 小柴幹二
宮部鼎蔵 阿部九洲男
御倉伊勢武 百々木直
荒木田左馬之助 小金井修
梅松 千原しのぶ
雛菊 高島淳子
駒野 長谷川裕見子
お春 桜町弘子
池由屋惣兵衛 上田吉二郎
三太 星十郎
呼び込み 堺駿二
口上 杉狂児
鞍馬天狗 東千代之介
会津の小鉄 里見浩太朗
月形半平太 大友柳太朗
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/23更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 新選組(1958)