TOP > 上映中の映画作品を探す > 楠公二代誠忠録

須田栄三三村浩二共同のオリジナル・シナリオを、昇進第一回の小野田正彦が監督、「女王蜂(1958)」の西本正が撮影した歴史もの。正行に「色競べ五人女」の和田桂之助、正成に「関八州喧嘩陣」の若山富三郎。ほかに木暮実千代北沢典子中村彰というキャスト、色彩はイーストマンカラー。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

延元元年、足利尊氏は九州で再び兵を挙げ、京の都に攻め入ろうとした。これに対し、楠正成は一たん都を尊氏勢に渡し、戦備を整えてから雌雄を決しようと考えた。が、これは公卿たちによって退けられ、やむなく湊川へ兵を進めることになった。桜井の駅のはずれ、正成の軍勢が小休止しているところへ、兵庫の新田義貞から援軍を求める急使がやってきた。正成は十一歳の正行を母の許に返し、出陣した。勿論、足利の大軍には敵すべくもなく正成は湊川の戦で最後を遂げた。報せを聞いた正行は父の形見の短刀を取出した。鞘をとり逆手に構えた瞬間母が飛び出して彼をさとした。それから十年の時が流れて--後村上天皇の御代となり、諸国に散在する勤皇の士は相呼応して立上った。すでに二十一歳となった正行は、許婚と三々九度の盃をかわし、弟正時、一族の者たちと戦場へ向った。が、彼らも四条畷の決戦であえない最後を遂げた。

作品データ

製作年 1958年
製作国 日本
上映時間 36
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

製作 大蔵貢
脚本 須田栄三三村浩二
監督 小野田正彦
撮影 西本正
音楽 鴎比呂志
美術 朝生治男
照明 秋山清幸
録音 沢田一郎

キャスト

楠木正成 若山富三郎
弟正季 杉山弘太郎
息子正行(十一歳) 新倉一夫
息子正行(二十一歳) 和田桂之助
息子正時(九歳) 中野しげる
息子正時(十九歳) 由木城太郎
妻久子 木暮実千代
北沢典子
太郎爺や 林寛
河内の千太郎 坂根正吾
新田義貞の使者 明日香実
新田義貞の使者 小松俊輔
若党 武田啓吾
侍女 毛利啓子
後村上天皇 中村彰
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/21更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 楠公二代誠忠録