映画-Movie Walker > 作品を探す > すっ飛び五十三次

十返舎一九の『東海道中膝栗毛』より「お富と切られ与三郎」の鈴木兵吾が脚本を書き、「侍ニッポン」のコンビ、大曽根辰保が監督、石本秀雄が撮影した時代劇娯楽版。主演は「お富と切られ与三郎」の高田浩吉、「伝七捕物帖 銀蛇呪文」の伴淳三郎、「青春航路」の花菱アチャコを中心に、「侍ニッポン」の高千穂ひづる近衛十四郎、「赤城の子守唄」の名和宏。それに藤島桓夫島倉千代子ダーク・ダックスなど。色彩はイーストマン松竹カラー。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

弥次郎兵衛、喜多八がお江戸日本橋をあとにして、東海道を西へ旅立った。弥次さんが富籤に当り、喜多八を家来に、お伊勢参りを思い立ったのだ。戸塚の辺で、紀州の殿様の行列に出会った。殿様は鼠小僧次郎吉に瓜二つだった。これには、次郎吉を追っていた江戸の目明し門次も驚いた。やっとたどりついた藤沢の宿で、弥次喜多は思い思いに女中部屋へ忍びこんだ。目指すは一人、戸塚で会ったちゃっかり女中である。女中は泊り合せた町人を次郎吉とも知らず入れ代えた。二人は鉢合せし、大騒ぎになり、宿をほおり出された。三島の宿では、胡麻の蝿の与吉の誘いに乗り、三島楼で大散財し、いい気になった。挙句は与吉に有金ぜんぶを盗まれて、着物をはがれ、またもやほおり出された。沼津で、紀州の行列のお供にまじりこんで、昼飯にありついたが、たちまち化けの皮がはがれ、納屋の中へ投げこまれた。鼠小僧に助けられて逃げ出す途中、お忍びで下情偵察に出かける紀州の殿様に出会った。山部家老の命で、次郎吉と入れ代った紀州の殿様はお供の弥次喜多以上に破目をはずし、島田の宿で風呂の底をふみ破ったりする。次郎吉に惚れて追ってきたお仙が、間違ってかじりついた。門次からも間違われ、御用とばかり縛り上げられた。殿様に化けた鼠小僧は辛抱できずに逃げだした。その途中、門次の手から殿様を助けだした。浜名湖の渡し舟で、鼠小僧たちはおきぬという、昔、彼が恩になった旅篭「津之国屋」の娘に出会った。彼女はグレた兄を探しに沼津まで来たが、見当らず死ぬ気になっていた。伊勢--おきぬを送ってきた二人は、その津之国屋に紀州の殿様が泊まることになったと告げた。次郎吉の計らいである。グレた兄は与吉だったが、彼も改心した。門次も当分次郎吉を追わぬと言い、お仙は喜んだ。皆、晴れ晴れと紀州の殿様の出立を見送ったというわけである。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 1958年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 92
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 大曾根辰保
製作 岸本吟一
脚本 鈴木兵吾
撮影 石本秀雄
音楽 鈴木静一
美術 大角純一
編集 相良久
録音 福安賢洋
照明 寺田重雄

キャスト

鼠小僧次郎吉 高田浩吉
紀州の殿様 高田浩吉
弥次郎兵衛 伴淳三郎
喜多八 花菱アチャコ
おきぬ 高千穂ひづる
お仙 高峰三枝子
矢の倉の門次 近衛十四郎
乾分平六 トニー谷
津の国屋与左衛門 小川虎之助
津の国屋の息子与吉 森美樹
船頭桓公 藤島桓夫
島倉村の千代 島倉千代子
童謡コーラス ダーク・ダックス
解説 竹脇昌作
本山淡路守 名和宏
本山の愛妾綾 紫千代
紀州家家老安藤 山路義人
紀州家家老山部 永田光男
目明し大助 中田ダイマル
目明し楽助 中田ラケット
女乞食 正司歌江
女乞食 正司花江
女乞食 正司照枝
お豊 宮城千賀子
女中お照 桜京美
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > すっ飛び五十三次