TOP > 上映中の映画作品を探す > 麻薬街の殺人

小説公園所載の樫原一郎の小説『白い粉の闇』より浅野辰雄西沢治野上徹夫の三人が脚本を書き、その一人、浅野辰雄が監督したサスペンス・ドラマ。撮影は内田安夫。主演は「誘惑(1957)」の殿山泰司、「峠(1957)」の近藤宏。それに赤羽茂本城智恵子など。

3/5
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

華やかなネオンに彩られた国際都市神戸--そこはまた麻薬犯罪の温床でもあった。ある日当局は兼ねてマークしていた丸徳商事の河村が、懐中に麻薬を所持したまま殺害されているのを発見した。すぐに丸徳を召喚し詰問したが狡猾な丸徳からは何一つ掴むことができなかった。そればかりか、そこに居合せた殺人常習犯の南条を彼らにとられる有様だった。彼らは最初は薬をロハでやり中毒症状を呈して薬を放せなくなるのを見ると金をとる。そして患者が薬代を払えなくなるのを待って仲間を増やすことを条件に薬代を安くするという方法をとっていた。余りのことに南条は愕然とした。河村殺しの犯人で、丸徳の子分半田が丸徳を脅やかして来たのを知ると、南条は三宮駅で彼と待合せ、殺害すると約束しながら警察に引渡すという奇怪な行動をとった。実は南条は当局が囮として丸徳をあざむくために使っていたベテランの麻薬係刑事だったのだ。彼の活躍によって、証拠はすべて整えられた。もはや丸徳に逃げられる隙はなくなった。当局は早速丸徳一家を殺人並びに麻薬取締法違反の容疑で検挙すべく武装警官隊を出動させた。先頭の車に乗る南条の顔は明るく輝いていた。

作品データ

製作年 1957年
製作国 日本
配給 新東宝
上映時間 32
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

キャスト

桑田警部 殿山泰司
渡辺警部補 赤羽茂
原刑事 小島一馬
小田刑事 荒谷圃水
南条大次郎 近藤宏
丸徳 田中志幸
村上 黒川正
太田黒 大和田利久
福岡弥栄次
半田 神本貞也
ユリ 本城智恵子
河村 滝沢良久
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/22更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 麻薬街の殺人